テストライティングを有効活用!クラウドワークスの実績を作るコツとは

テストライティング有効活用!クラウドワークスで実績を作るコツも クラウドワークス

テストライティング は不合格になったけど、なんとかして有効活用できないかなぁ…?

テストライティング書いて報酬をもらってけれど、不合格になってしまった…

でも、この経験を有効活用して次につなげたいって思いますよね。

この記事ではクラウドワークスのテストライティングに不合格になっても実績を作るコツを紹介していきます。

実践するだけで、作業効率が上がり、テストライティングばかり書く日々から脱却できますよ!

  • そもそもテストライティングとは?
  • テストライティングを有効活用したい
  • クラウドワークスで実績を作るコツが知りたい

それでは具体的に見ていきましょう。

【闇もあり】そもそもテストライティングとは?

クラウドワークスには、ライターのスキルを図るためにテストライティングが存在します。

しかし、案件の中には記事を格安で仕入れるためにテストライティングが行われるケースが後をたちません。

これは初心者ライターにとって衝撃の事実ですよね。知らぬ間に超格安で搾取されます。

私も9000字500円で言葉巧みに超格安で記事を書かされた苦い過去が…

Twitterでも似たような報告がされていますよ。

ライターからすれば、ライティングで稼ぎたいのに非常に迷惑ですよね。

優良なクライアントもいますが、悪質なクライアントも潜んでいます。注意ですね。

記事の最後に悪質なテストライティングの対策についてまとめた記事があるので最後までぜひ読んでください。

テストライティングを有効活用する方法

テストライティングを有効活用する具体策は「テストライティングを実績として公表する」です。

テストライティングを実績として公表できれば、新たな案件のテストライティングに活用できます。

新しい案件にはだいたい「実績を示してください」とありますよね?

テストライティングを有効活用するメリットは、

  • 不合格になったテストライティングも生かせる
  • 実績にできる
  • 新たなテストライティングを書く必要がなくなるかもしれない

以上から、新しい案件が決定する手間や時間が大幅に削減できる可能性があります。

テストライティングを活用するために「事前にテストライティングを実績としてもいいか」クライアントに了承はとりましょう。

理由としては、

  • テストライティングでも著作権が発生する場合がある
  • 事前に許可があれば、相手も嫌な気持ちにならない
  • トラブルに巻き込まれる危険もなくなる

納品したあとに「実績として公開したいんですけど…」と相談しても、「著作権はこちらにあります」などと言われてNGをもらう場合もあります。

あなたの時間と努力が無駄にならないためにもクライアントと事前確認して同意をとるのは重要です。

ちょっと面倒に感じるし、早く仕事にとりかかりたい気持ちはわかりますが、トラブルを未然に防ぐことは、結果的に大幅な効率化につながりますよ。

クラウドワークスの実績を作るコツ

クラウドワークスで実績を作ることは、文字単価や継続案件をゲットするのにとても重要です。

そこで私が155記事書いてわかった「クラウドワークスで実績を作るコツ」を伝授します。

それは、

  • 記名記事
  • 可能性を狭めない

記名記事

記名記事とは、記事とともにどんな人が記事を書いたのか明示してもらうことです。

例えば、「副業 主婦 稼ぎ方」で記事を書いて欲しいと依頼された際、誰が書いたのか実名や写真も掲載してもらうって感じ。

メリットは、

  • 記事の信憑性もアップし、Googleからの評価も高まる
  • 実績として公開する際に、本当に記事を書いていることが証明できる
  • 記事を依頼しやすくなる

ポートフォリオの実績を作るなら、記名記事で信頼度をアップさせましょう!

可能性を狭めない

実績を作るなら、少しでも実績を積み重ねる必要があります。

積極的に提案し、実績を積み上げて自分の可能性を広げることが大事です。

あれもやだ。これもやだ。提案が面倒くさい。

初心者で実績が低いうちは、クライアントも相手にしてくれません。食わず嫌いは極力避けましょう。

文章の質を求めて本でインプットするべき

テストライティングの活用方法はわかったけれど、そもそもテストライティングに合格したい

有効活用やコツがわかってもそもそも文章レベルが上がらないと意味ないですよね。文章の書き方を勉強しましょう。

私がおすすめするのが『沈黙のwebライティング』です。webライティングのまさに入門書と言える一冊。

私も沈黙のwebライティングを何度も読み直し、文章の基礎を徹底的に叩き込むほど熱中できました。

最近読んだ本では、「売れる書き方の成功法則64」もおすすめでした。

テストライティングの有効活用術のまとめ

クラウドワークスのテストライティングを有効活用する方法や実績を作るコツは理解できましたか?

最後にもう一度おさらいしておきましょう。

・有効活用するなら、テストライティングを実績として公開する(許可は念のため取る)
・実績を作るコツは記名記事・可能性を狭めないこと

テストライティングを有効活用し、クラウドワークスでどんどん稼いでくださいね!