【もう迷わない】プログラミングスクールをポイント別に紹介

【実例あり】クラウドワークスの記事作成マニュアルにありがちな傾向とは

【実例あり】クラウドワークスの記事作成マニュアルにありがちな傾向とは

クラウドワークスの記事作成マニュアルによくある傾向と対策を知りたいなぁ…

クラウドワークスでライティング案件を2,3件やると、だいたい記事作成マニュアルってありますよね。

記事を書く前にマニュアルを確認するのが面倒だな…

って思うこともよくあります。

この記事では、クラウドワークスでよくありがちな記事作成マニュアルの傾向についてまとめています。

最後まで読むことで、

  • そもそもなんで記事作成マニュアルがあるの?
  • 記事作成マニュアルのメリット・デメリットが知りたい
  • 記事作成マニュアルによくある傾向を知り、その意図や対策も知りたい

こんな疑問が解決します。

この記事を書いている人
  • クラウドワークスで150記事以上執筆。
  • これまで15人以上のクライアントとやりとり。
  • 外注依頼の経験もあり。

クラウドワークスに登録済みですよね?なら以下のサイトもおすすめ

Contents

クラウドワークスで記事作成マニュアルがあるメリット

クラウドワークスで記事作成マニュアルがあるメリット

「クラウドワークスの記事作成マニュアルってどんなメリットがあるの?」

「確かに気になるよね。メリットを紹介していくね!」

記事作成マニュアルがあることで以下のような2つのメリットがあります。

  • クラウアントとライターの認識のズレが生じにくい
  • 最低限の記事の「質」を確保できる

それぞれみていきましょう。

クラウアントとライターの認識のズレが生じにくい

記事作成マニュアルがあることで、認識のズレが生じにくいです。

クラウドワークスでライターをはじめたころにありがちなのは、

クライアントが求める記事を書けていない

だったり、

修正が多すぎて、記事を書くのがイヤになった

です。

それをなくすためにも、記事作成マニュアルがあります。

最低限の記事の「質」を確保できる

メリット2つ目は、最低限の記事の質を確保できることです。

記事を書いていると、

このまま納品しても修正とかされないか心配だな〜

基準に達した記事が書けたか不安だな〜

って思います。

マニュアルがあれば、最低限のルールを確認できるので、不安の解消につながります。

クラウドワークスで記事作成マニュアルがあるデメリット

クラウドワークスで記事作成マニュアルがあるデメリット

「クラウドワークスの記事作成マニュアルってどんなデメリットがあるの?」

「デメリットもしっかりと理解することが大切だよね!さっそく紹介していくよ。」

マニュアルがあると、以下のようなデメリットが2つあります。

  • マニュアルを確認するだけで時間がかかる
  • 記事の自由度が制限される

それぞれみていきましょう。

マニュアルを確認するだけで時間がかかる

一番ライターにとって負担なのが、マニュアルを読んで理解する時間です。

マニュアルの分量がWordで3ページほどであれば問題ありません。

しかし、

マニュアルの中には、Wordで10枚以上、スライドで50ページ以上

なんてこともあります。

マニュアルがしっかりと作られている安心感はありますが、

記事を書く前に、こんなに読まなくちゃいけないのかよ〜。めちゃくちゃ大変じゃん。

って、モチベーションが下がってしまいますよね。

ただ、初心者ライターにとっては、

記事を作成する基本が学べる

と思って、気持ちを切り替えていきましょう。

最初は大変かもしれませんが、力がついていくためには必要です。

記事の自由度が制限される

デメリット2つ目は、記事の自由度が制限されることです。

記事作成マニュアルがあると、

この記事はこのキーワードや構成、設計図に基づいて作成してください。じゃないと修正ですよ〜。

ってことです。

つまり、マニュアルに沿った記事を書かないといけません。

書きたい内容を書くのではなく、事実にもとづいた必要な記事を書く。

これが大事です。

記事を依頼されるってことは、依頼者からすれば、

こんな記事書いて欲しいな〜。

ってなりますよね。

それを無視して、書きたいように書くのはNG。

マニュアルがあることで記事の自由度は制限されます。しかし、あなたがwebライターとして稼ぐなら、

クライアントの要望に全力で応える

この考えが大切です。

そもそもなぜ記事作成を依頼するのか理解していますか?

そもそもなぜ記事作成を依頼するのか理解していますか?

「そもそもなんで記事をわざわざ依頼するのかな?」

「それを理解するのは大事だね!なんで記事を依頼するのか、クライアントの気持ちも考えてみよう。」

クライアントが記事を依頼する理由は以下の2つです。

  • 外注することで、記事を書く時間が減る
  • 専門的・体験談を効率的に集められる

外注することで、記事を書く時間が減る

記事を外注することで、大幅に作業時間を減らせます

記事を書くのはかなり時間がかかりますし、大変な作業です。つまり、ライターであるあなたは、その負担を軽くしているのです。

なので、心がけるべきことは、

クライアントの要望に沿った記事を書き、クライアントの負担を少しでも減らしてあげる

これが大事です。

そのために、

  • 記事作成のマニュアルを守る
  • 手直しが発生し、クライアントの負担にならないようにする

そうすれば、あなたに対する信頼度も上がり、

文字単価アップ・継続依頼・仕事を任せてもらえる

ようになるでしょう。

専門的な内容・体験談を効率的に集められる

理由の2つ目は、専門的な内容や体験談を効率的に集められることです。

人には得意・不得意がありますし、専門性も違います。100人いれば100通りの体験談などがあるわけです。

SEO的にも、体験談などは検索上位になりやすいんですよね。

記事を外注することで、

自分だけでは、記事ネタの限界があるけれど、人に頼ると効率的!

このようにクライアントは考えています。

【実例】クラウドワークスの記事作成マニュアルの傾向

【実例】クラウドワークスの記事作成マニュアルの傾向

「記事作成のマニュアルについて、理解が深まってきた!」

「それはよかった!今度は、マニュアルの実例を使って、傾向と対策を簡単に紹介していくね。」

これから紹介していく記事作成のマニュアルにありがちな傾向は以下の通りです。

  • 共感文を入れる
  • わかりやすい文章にする
  • 一文は短く
  • 3行ぐらいで改行する
  • 「この」「あの」「その」を多く使わない
  • 箇条書きを使う
  • 「です・ます調」または「である調」に統一する
  • コピペに注意する
  • 不自然に文字を増やさない
  • 「〜だと思う」などの表現は避ける

全部で10こあるので、簡単に説明していきます。

共感文を入れる

「〜ですよね。」や感情表現を入れて、共感してもらう。
これにより、「この文章は、まるで自分のことを言っているみたい」と思ってもらえるので、記事を読み進めてもらえるから。

わかりやすい文章にする

専門用語やわかりにくい言い回しだと、記事を読んでもらえないから。
小学生でも飽きずに読める文章を心がける。

一文は短く

一文を短くすることで言いたいことがはっきりし、わかりやすい文章になる。

3行ぐらいで改行する

見やすさもとても重要。文字でぎっちりだと頭痛くなる。

「この」「あの」「その」を多く使わない

指示語が多いと、わかりにくい文章になる。

箇条書きを使う

箇条書きにすることで、情報が整理されてわかりやすく読みやすい文章になる。

「です・ます調」または「である調」に統一する

語尾を統一させることで、読み手に文章の違和感を感じさせない。

コピペに注意する

コピペだけは注意しましょう。Googleは、コピペの記事に厳しい。また、クライアントとの信用問題にも。コピペチェックでバレるので、コピペはやめよう。

不自然に文字を増やさない

「。」や「、」文章を長くするなど、文字数稼ぎをしない。

「〜だと思う」などの表現は避ける

体験談は別として、個人の主観は入れずに事実を書く。

記事を納品する前にもう一度マニュアルをチェックしよう!

記事を納品する前にもう一度マニュアルをチェックしよう!

クラウドワークスで記事が完成しても、納品前にもう一度マニュアルをチェックしましょう。なぜなら、マニュアルに沿っていないと修正する必要があるからです。

このライターは、全然マニュアル読んでないじゃん!修正多くて困るな〜

ってクライアントに思われると、なかなか継続案件をもらえません。納品前のマニュアルチェックは重要なので、しっかりと確認しましょうね。

クラウドワークスに登録済みなら以下のサイトもおすすめ

この記事を書いた人

コメント

コメントする

CAPTCHA


Contents
閉じる