クラウドワークスってやばい?テストライティング詐欺7つの言葉

【要注意!】クラウドワークスのテストライティング詐欺でありがちな7つのヤバイ言葉 クラウドワークス

募集文からテストライティング詐欺であることがわかればなぁ…

クラウドワークスでテストライティングを経験したことがあるでしょうか?

クラウドワークスのライティング案件の中には、ライターのスキルを見るためにテストライティングを実施する場合もあります。

しかし、テストライティングと言って、実際には記事を格安で仕入れるやばいテストライティング詐欺に引っかかってしまうのは時間がもったいないですよね。

テストライティング詐欺に引っかからないコツを知りたい!」と多くのクラウドワーカーが悩んでいます。

そこで今回はテストライティング詐欺に引っかからない対策を7つのやばい言葉とともにシェアしていきますね!

  • 応募条件の文章からテストライティング詐欺かどうか判断したい
  • テストライティング詐欺によくあるやばい言葉が知りたい
  • テストライティング詐欺の被害にあって、困っている

それでは具体的にみていきましょう。

実績:クラウドワークスで155記事以上執筆あり

>>日本最大級のクラウドソーシング「クラウドワークス」の無料会員登録をする。

すでにクラウドワークスに登録済みなら↓↓

テストライティング詐欺にありがちな7つのやばい言葉

クラウドワークスのテストライティング詐欺にありがちな7つのやばい言葉

テストライティングって、本来webライターのスキルを図るもの。

しかし、クラウドワークスでは、テストライティングを口実に、記事を格安で仕入れようとするやばいテストライティング詐欺があることも事実です。

やばいテストライティング詐欺の罠に引っかからないため、ありがちな7つのやばい言葉をリストで紹介します。

  • まずはテストライティング100円で判断いたします
  • テストライティング合格後、文字単価1.5円以上
  • 長期的な継続ありで、100記事以上依頼あり
  • 月に20万円以上可能
  • テストライティングだけでも十分にスキルアップができます
  • テストライティングのキーワードや構成は契約後にお伝えします
  • テストライティングで合格した場合のみ、報酬はお支払いいたします

この言葉があれば「確実にテストライティング詐欺だ!」とは決めつけはできません。

もちろん優良なライティング案件もあります。

しかし、ここで大事なのが、”過度に報酬をアピール“、”テストライティング に合格した場合のみ報酬を支払う“と言った場合はテストライティング詐欺を疑ったほうがいいでしょう。

ちなみに、私の実体験としては、この7つの言葉全てあったやばいテストライティングがありました。案の定、テストライティング詐欺でした。

まずはテストライティング100円で判断いたします

やばい言葉でぶっちぎりなのが、”テストライティングは100円”ってやつ。

だいたいこういった案件は、無知な初心者から超低価格でテストライティングだけ書かせます。

もちろん、本採用はされないので、時間の無駄です。

せっかく1日かけて3000字書いたのに、報酬は100円だし、本採用はされないし…

こんなの理不尽ですよね。注意しましょう。

テストライティング合格後、文字単価1.5円以上

やばい言葉2つ目は、テストライティング合格後、報酬を明らかにかなり高くすることです。

いわゆる釣り案件ですね。これはやばい言葉その1と一緒に使われます。

この場合もテストライティングで安くこき使われたあげく、使い捨てされるでしょう。

「過度に報酬をアピールしすぎじゃない?」って案件は、高い確率でテストライティング詐欺の可能性がありますね。

月に20万円以上可能

やばい言葉その3は、月に20万円以上も可能です。

これもやばい言葉その1、その2と一緒に使われますね。

確かに月20万可能かもしれませんが、

その報酬と作業量じゃあ、月に100記事以上書かないと無理でしょ

ってパターンがほとんどです。

テストライティング詐欺は、とにかく格安で記事を書いてくれる無知な初心者をターゲットにしています。

甘い言葉には引っかからないようにしましょう。

長期的な継続ありで、100記事以上依頼あり

やばい言葉その4は、長期的な継続を過剰にアピールしていることです。

私はこれが一番たちが悪いと思っています。

だって、100記事も継続的に依頼してくれるなんて、仕事が安定して稼げるって思うじゃないですか!

クラウドワークスでwebライターを始めたばかりだと、なかなか案件に応募しても受からないのが現状です。

「なんで受からないんだろう…センスないのかな?」って悩みます。そんな時に、100記事以上継続して依頼されるなんて、飛びつきたくなる募集です。

一つ一つの提案も時間かかりますからね…そりゃ応募したくなります。

しかし、フタをあけてみれば、釣り案件であることが多かったですね。

全ての案件がそうだとは言えませんが、”過剰にアピール”している案件は危険です。

テストライティングだけでも十分にスキルアップができます

やばい言葉その5は、テストライティングだけでも十分にスキルアップが可能って表現。

ただ同然で記事を書かされるだけでなく、修正も多く依頼される可能性が高いです。

テストライティングのキーワードや構成は契約後にお伝えします

やばい言葉その6は、テストライティングの契約後に構成やキーワードを渡されることです。

契約後に構成がわかるので、「話と違う…」なんてことが多発します。

私も、3000字の予定が、8000字になったこともありました。

テストライティングといえど、契約はしているので、なかなか辞退するのは言いにくいです。

もし、辞退したら自分の評価にも響くからです。

契約前にしっかりと内容を詰められるかが鍵ですよ!

テストライティングで合格した場合のみ、報酬はお支払いいたします

やばい言葉その7は、テストライティングで合格した場合のみ、報酬を支払うってやつ。

結論から言えば、こういうクライアントは、何かとケチつけて、だいたい報酬を払いません。

悪質なクライアントと付き合う必要もないので、信用できなさそうなクライアントは避けるべきですね。

テストライティングでも誠意ある対応をしてくれるクライアントを見つけましょう。

すでにクラウドワークスに登録済みなら↓↓

テストライティング詐欺を回避する3つのポイント

クラウドワークスのテストライティング詐欺を回避する2つのポイント

テストライティング詐欺に引っかからないためのヤバイ言葉を知っていても、それだけでは判断が難しいですよね。

しかし、優良案件に応募する確率が上がれば、テストライティング詐欺をする必要もなくなり、結果的に稼ぐことにつながります。

つまり、テストライティング詐欺を回避することが重要なんですね。

そこで、テストライティング詐欺を回避するポイント3つ挙げました。

  • 募集文を細かくチェック
  • 過去の案件をチェック
  • 契約前に信用できるか判断する

さらに詳しくテストライティング詐欺を見分けるポイントを知りたい場合は、下記の記事も参考にしてくださいね。

テストライティング詐欺を見分けるコツ6つと実体験をまとめています。

回避ポイント①:募集文を細かくチェック

募集文を細かくチェックすることは、仕事を始める前の準備として重要です。

なぜなら、仕事に応募することは、「募集文の内容を確認し、条件に同意した上で仕事に応募してますよ」という意思表示だからです。

もしもあなたが募集内容を細かくチェックせずに契約してしまうとどうなるでしょうか?

契約後にクライアントから「募集文にはこう書いてあるので、言い逃れできないですよ」と言われ、自分で被害を大きくするだけでしょう。

反論できるのは、募集文と異なる仕事内容や業務が発生した時です。

個人で仕事を請けるなら、自分の身は自分で守らなければならないので、「少しでも怪しいな」と感じたら、仕事は請けないほうが無難でしょう。

回避ポイント②:過去の案件をチェック

過去の案件をチェックすれば、テストライティング詐欺を行うクライアントかどうか判断できます。

理由は、クライアントが過去にどんな仕事をしてきたのかわかるからです。

過去の案件をチェックする方法は、クライアントのページに飛ぶ>募集実績から確認できます。

補足

過去の案件にいくらで仕事を依頼したのか「予算」が確認できます

悪質なクライアントの場合は、予算が〜500円のテストライティングばかり行い、募集文にあるような高単価な記事を依頼する実績がないことが確認できるでしょう。

回避ポイント③:契約前に信用できるか判断する

契約する前に信用できるか判断する
テストライティング詐欺を回避する3つ目のポイントは、契約する前に信用できるか判断するです。

初心者にありがちなのは、

  • 報酬に飛びついて応募内容を無視してしまう
  • 甘い言葉に引っかかりがち
  • 契約前に認識のすり合わせができていない

契約前に判断できたことなのに、その確認をしないのは危険です。

契約してしまったら、困るのはあなたなので必ず契約前の信用度チェックはしましょう。

すでにクラウドワークスに登録済みなら↓↓

もしも契約前にテストライティングをお願いされたら…

もしも契約前にテストライティングをお願いされたら...

契約前にテストライティングをお願いされるケースも実際に存在します。

契約前にテストライティングを行えば、料金トラブルになるので注意が必要です。クラウドワークス公式でも推奨していません。

以下はクラウドワークス公式による、テストライティング仮払いに関する見解です。

契約前のテストライティングをおこなうかどうかは任意となります。

テストライティングをおこなうことの必要性や理由などについては、クライアントに直接ご確認ください。

もし、テストライティングの提出が難しい場合は、過去のポートフォリオの提出などをクライアントに提案してください。

なお、当サービスでは仮払い前の業務依頼を禁止しておりますのでご留意ください。

クラウドワークス公式HP『よくある質問』より引用

テストライティングでも契約後にすべきであり、さらには仮払い後に仕事しましょう。

クラウドワークスのやばい言葉まとめ

クラウドワークスのテストライティング詐欺によくある7つのやばい言葉を説明してきました。

皆さんもここで紹介したやばい言葉にはくれぐれも注意し、稼いでいきましょう!

まとめ
  • テストライティング詐欺かどうか判断する力をつける
  • 仕事を始める前に内容をしっかりと精査する
  • 契約後にトラブルにならないように十分注意する
  • 仕事を始めるのは、仮払い後に行う

すでにクラウドワークスに登録済みの場合は、以下のサイトに登録するのもおすすめです。
※無料で登録ができます。