【もう迷わない】プログラミングスクールをポイント別に紹介

【クラウドワークス】マイルストーン制とは?メリット・デメリット・流れを解説

【クラウドワークス】マイルストーンってなに?メリット・デメリット・報酬を受け取る流れを解説

クラウドワークスのマイルストーン制ってなんだろう??

クラウドワークスで応募画面によく見るマイルストーン…

これって一体なんだろうと気になりますよね

マイルスストーン制とは、簡単に言えば”分割払い“であり、大きなプロジェクト案件でよく使われます

つまり、マイルストーン制で案件がゲットできれば、クラウドワークスで稼げることにもつながるのです

記事で詳しくマイルストーン制について解説しているので、この記事を読むメリットは、
マイルストーン制のポイント」と、「報酬を受け取るまでの流れ」がわかります

  • クラウドワークスのマイルストーン制について知りたい
  • マイルストーンを受け取る流れを知りたい
  • マイルストーン制の注意点についても知りたい
解決

クラウドワークスのマイルストーン制が全て理解できるので、仕事に役立ちます

記事の全体像
  • マイルストーン制の特徴について
  • マイルストーン制のメリット・デメリットについて解説しています
  • 実際のマイルストーン制の流れがわかります

それでは具体的にみていきましょう

Contents

クラウドワークスのマイルストーンとは?

クラウドワークスのマイルストーンとは?

クラウドワークスのマイルストーン制とは、分割払いのことです

プロジェクト形式(固定報酬制)で利用できます

クラウドワークスをやっていると、こんな悩みありませんか?

「記事を10記事発注されたけど、1記事ごとに報酬を受け取りたい」

その気持ちめちゃくちゃわかります

だって、報酬は1記事ごとにもらえた方が、報酬を得られる安心感がありますもんね

しかし、クライアントにとっては、

「1記事ごとに案件を立てるのも面倒くさい」

これを解決するのがマイルストーン制なんです

1つの案件で、分割払いできるのがマイルストーン制の特徴なので、

  • ライターは、1記事ごとに報酬をもらえる
  • クライアントは、1つの案件のなかで分割払いするだけ

マイルストーン制とはざっくりこんな特徴があります

マイルストーンのメリット

マイルストーンのメリット

マイルストーン制について、上記で少しメリットを触れました

さらに掘り下げていきましょう

マイルストーン制のメリットは以下の4つです

  • プロジェクトが長期間になる場合、1記事ごとに報酬をもらえる
  • 案件が複雑になる場合、細かい作業内容にも対応できる
  • クライアントにとって、まとまったお金の仮払いをする必要がない
  • クライアントにとって、定期的な案件であれば、わざわざ新しく案件を立てる手間が省ける

とにかく、マイルストーン制は、”分割払いに対応”や”案件を立てる手間が省ける”画期的なシステムなんです

細かい悩みをなくし、仕事に専念できる環境がクラウドワークス にはあるということですね

マイルストーンのデメリット

マイルストーン制のメリットを述べましたが、デメリットももちろんあります

マイルストーン制のデメリットは以下の2つです

  • 1契約20回まで
  • 追加依頼は5回まで

1契約20回まで

マイルストーンも限度なく利用できるわけではありません

限度は20回までとなります

20回を超える場合は、クライアントに新たに案件を立ててもらう必要があることに注意!

追加依頼は5回まで

1つの案件でマイルストーンの追加依頼をする場合は限度が5回までです

例えば、10記事分をマイルストーンにしていた時、新たに1記事書いて欲しい場合もあるでしょう

追加依頼になるので、新たな1記事は「追加依頼1回」としてカウントされます

マイルストーンで報酬を受け取る流れ

マイルストーンで報酬を受け取る流れ

それではいよいよマイルストーンでどうやって仕事が進むのか気になりますよね

さっそく、マイルストーン制で報酬を受け取る流れについて説明していきます

例:マイルストーンが5回の場合

マイルストーン制で報酬を受け取るまでの流れ
  • マイルストーン制の仕事を依頼される
  • 契約する
  • 仮払いを確認
  • マイルストーン1回目の条件を満たしたら、記事を納品
  • 記事が検収される
  • 問題なければ、マイルストーン1回目の報酬が支払われる
  • 2回目、3回目も同様に進める
  • 5回目まですべて完了したらプロジェクト終了
  • もし、追加依頼があれば条件変更リクエストを承認する

こんな流れになります

通常の案件と異なるのは、1つの案件の中に報酬を受け取るタイミングが複数あるだけです

参考までに、私が実際に行ったマイルストーン制の画面です

1回目が完了した時点で納品し、検収し、報酬をもらう
2回目が完了した時点で納品し、検収し、報酬をもらう
これを繰り返し、全8回でした

実際にやってみて良かったと感じた点は、仕事が安定的に取れることや、1回ごとに報酬をもらえる点でした

まとめ
  • マイルストーン制は分割払いで報酬がゲットできる
  • クライアントにとっても案件を立てる手間を省ける
  • 安定的に仕事ができる

この記事を書いた人

コメント

コメントする

CAPTCHA


Contents
閉じる