Webライターの効率を上げる便利ツール8選【作業ごとに解説】

Webライターの効率を上げる便利ツール8選【作業ごとに解説】 webライター

Webライターやっているんだけど、効率が上がる便利なツール知りたいなぁ…

Webライターとして作業する時、みなさんはどんな流れですか?

おそらく最低でも以下の作業が必須になると思います。

  • 案件やタスクの管理
  • ググって情報を収集する
  • 情報を整理する
  • 構成を考える
  • 記事を書く
  • 誤字・脱字・言い回しをチェックする

この記事では、webライターの効率を上げる便利ツールを8つ紹介します。

ただ紹介するだけでは、

どの作業の時に、どのツールが便利なのかわからない

と困ってしまいますよね。

そこで、

この作業の効率・便利性を上げるなら、このツールがおすすめ

と言った形式で進めていきます。

実際の作業に即した内容になっているので、ぜひ最後まで読んでくださいね!

記事の全体像
  • webライターの効率を上げる便利ツールを8つ紹介
  • ユーザーの悩みを深掘りするために、何を参考にすればいいのかわかる

Webライターの効率アップ!便利ツール8選を紹介

「それじゃあさっそくツールを紹介して欲しいなぁ」

「OK!冒頭でも伝えたように、作業ごとにおすすめのツールを紹介していくね。」

まずはこれから紹介していくツールがどの作業に向いているかをざっと表にまとめました。

どんな作業がある?どんなツールがおすすめ?
■案件の管理Trello
■情報収集Evernote,ラッコキーワード
■情報の整理MindMaster(マインドマップ)
■構成ラッコツールズ
■記事を書くGoogleドキュメント(音声認識)
■コピペチェックCopyContentDetector
■誤字・脱字チェックEnno

Trello(トレロ)

出典:https://trello.com/

「Treloは、案件・タスク管理におすすめ」

おすすめツール1つ目は、Trelloです。

Trelloは、自由にカードを動かしてタスク管理ができるツールです。

出典:https://trello.com/

このようにカードはサクサク操作するだけなので、簡単にタスク管理ができます。

活用シーン

「どの記事をいつまでに納品すればいいんだっけ?」

「この案件は、どんなタスクがあるんだっけ?」

「そもそもやるべきことを忘れがちだから、しっかりと自分で管理したい」

こんな悩みがある方にぴったり。

Webライターは記事を書く以外にも仕事があるので、タスクを整理することは非常に大事です。

さらに、Trelloを活用することで、以下のようなメリットがあります。

  • ユーザー数が全世界で2000万人の実績
  • 無料でも機能が非常に高い
  • 直感的に操作できる
  • チームでも利用可能

案件・タスク管理ができれば、やるべきことが明確になるのでTrelloはおすすめですよ。

ポイント

Trelloを活用し、案件・タスク管理マスターになる

Evernote(エバーノート)

出典:https://evernote.com/intl/jp

「Evernoteで、情報を一つのノートに集められる」

Evernoteは、webのあらゆるデータをまとめられる優れたメモアプリです。
ユーザー数は、なんと全世界に2億人以上!

Webライターであれば、記事のネタ探しや、記事の内容を考えるのに苦労しますよね。
そんな時に、Evernoteは活躍します。

活用シーン

「気になる記事やアイデアを記録しておきたい」

「必要なデータを後から簡単に見つけたい」

Evernoteを活用するメリット

  • 記事だけでなく、音声や動画も保存できる
  • 自分だけのアイデアノートを作れる
  • チュートリアルがあるので、様々な機能がわかる
  • メンバーで情報を共有できる

記事のアイデアやネタをクラウドで記録したい場合は、Evernote(エバーノート)

ポイント

Evernoteを活用し、記事のアイデアをストックしておく。

ラッコキーワード

出典:ラッコキーワード公式より

「ラッコキーワードは、検索キーワード選定するのにおすすめ」

検索キーワードとは、「webライター ツール おすすめ」のことです。

ラッコキーワードでは、検索キーワードをズラーっと調べることができます。

活用シーン

「関連するキーワードを調べたい」

「記事のネタ探しをしたい」

ラッコキーワードを活用するメリット

  • 検索キーワードを一気に調べることができる
  • 記事のネタ探しに困らない

検索キーワードを今すぐ調べるなら、ラッコキーワード

ポイント

ラッコキーワードを活用し、検索キーワードを調べるべし!

MindMaster(マインドマスター)

出典:https://www.edrawsoft.com/jp/mindmaster/

「MindMasterは、情報を整理するのに便利」

MindMasterは、マインドマップです。マインドマップがあると、書くべき内容を整理できるのでwebライターにとってはおすすめのツール。

活用シーン

「バラバラな情報をわかりやすくまとめたい」

「見切り発車で記事を書きがちだから、改善したい」

MindMasterを活用するメリット

  • 無料版でも機能が豊富
  • クラウドで利用できる

調べた情報をコンパクトに整理したい方は、MindMasterがおすすめ。

ポイント

MindMasterは、無料でも機能豊富なマインドマップ!

ラッコツールズ

出典:https://rakko.tools/tools/3/

「ラッコツールズは、記事の構成を考える時に便利」

ラッコツールズは、ライバルサイトの見出しを一括で表示できるツールです。

活用シーン

「ライバルサイトの記事構成を一度にたくさん知りたい」

「見出しを考えるのに時間がかかる」

ラッコツールズを活用するメリット

  • ライバルサイトの記事構成がガッツリわかる
  • 上位検索される記事の特徴がつかめる

ライバルサイトの見出しを一気に見たい場合は、ラッコツールズ

ポイント

ラッコツールズを活用し、見出しを考える時間を短縮する!

Googleドキュメント(音声認識)

出典:https://www.google.com/intl/ja_jp/docs/about/

「Googleドキュメントの音声認識で、タイピングの量を減らす」

Webライターで一番大変かつ、時間がかかるのは記事を書くことですよね。

ここを効率的に作業できれば、ストレスや作業時間もグッと減少します。

そんな時に便利なのが、Googleドキュメントの音声認識です。

活用シーン

「タイピングをするのは疲れる」

「書くよりも言葉に乗せた方が伝わりやすい」

Googleドキュメントの音声認識を活用するメリット

  • タイピングをしなくて済む
  • 細かい修正は必要だが、記事を書くスピードが上がる
  • オフラインでも利用できる

Googleドキュメントの音声認識を活用し、記事を書く効率化をする。

ポイント

Googleドキュメントの音声認識で、タイピングする手間を省く

CopyContentDetector(コピーコンテントデテクター)

出典:https://ccd.cloud/

「CopyContentDetectorは、コピペチェックにおすすめ」

Webライターにとって、オリジナルな文章を証明するためにコピペ率をチェックすることはあるあるですよね。

そんな時におすすめなのが、CopyContentDetectorです。

活用シーン

「コピペ率を調べたい」

「精度が高いコピペチェックツールで書いた記事を調べたい」

CopyContentDetectorを活用するメリット

  • 無料でも精度が高い
  • 回数制限や会員登録がない

無料でも精度の高いコピペチェックするなら、CopyContentDetecto

ポイント

CopyContentDetectorを活用し、精度の高いコピペチェックをする。

Enno(エノ?)

出典:https://enno.jp/

「Ennoは、誤字・脱字をチェックする便利ツール」

Webライターで納品する前の最後のチェックとして、誤字・脱字がないか確認しますよね。

ただ文章量が多いと、チェックするのに時間がかかります。

そんな時は、Ennoがおすすめです。

活用シーン

「誤字・脱字の箇所を瞬時に見つけたい」

「誤字・脱字を調べるために、記事の内容を全て読むのが面倒だ」

Ennoを活用するメリット

  • 誤字・脱字だけでなく、変換ミスや言い回しも指摘してくれる
  • 無料で利用でき、性能が高い
  • ユーザー登録の必要もない

納品前の誤字・脱字の最終チェックなら、Ennoがおすすめ。

ポイント

Ennoで納品前の誤字・脱字などの最終チェックをする。

【番外編】ユーザーの悩みを知りたい時は…

記事を書く前にそもそも、

この記事を読みたいユーザーにはどんな悩みがあるのか?

を調べるだけでも、とても時間がかかってしまいますよね。

そんな時には、これから紹介する方法を実践してみてはいかがでしょうか?
方法は4つです。

  • ツイッターでエゴサする
  • yahoo!知恵袋を活用する
  • 競合サイト10こ以上調べる
  • YouTubeで情報収集する

これらを上手に活用し、さらには先ほど紹介した便利ツールも合わせれば怖いものなしです。

作業効率をアップさせる便利ツールを活用し、webライターとして成長しましょう!