【もう迷わない】プログラミングスクールをポイント別に紹介

【3ヶ月150記事】爆速で記事を書くコツ!構成に時間をかける理由

記事が早く書けるようにならないかなぁ….

クラウドワークスのライティングで記事を書いていれば、記事が早く書けることって重要なスキルですよね

記事が早く書けることで、より多くの記事を書くことになり、月に稼げる収入にもダイレクトに影響してきます

この記事では、爆速で記事を書くために、構成に時間をかけることの重要性について解説しています

3ヶ月で150記事書いた私の経験談も含まれているので、それも一緒にシェアしていこうと思います

クラウドワークスのライティングで記事が早く書けるコツを知りたい

解決

構成に時間をかければ、記事が早く書けるようになる

記事の全体像
  • 爆速で記事を書くために、構成に時間をかけるメリット・デメリットが書かれています
  • 構成を作成するコツも合わせて書いています
  • 構成に時間をかければ、悩みを解決できる質の高い記事が書けます

それでは具体的にみていきましょう

Contents

爆速で記事を書くには特別なスキルが必要?

爆速で記事を書くには特別なスキルが必要?

爆速で記事を書くのに特別なスキルは必要ありません

記事を書くちょっとしたコツをつかめば、1記事あたりの書くスピードが格段に上昇します

その方法とは、記事を書く前に記事の構成に時間をかけることです

記事の構成に時間をかけることで、

・スラスラと記事が書ける

・読み手の悩みを解決するクオリティの高い記事が書ける

爆速で記事を書くためには、構成に時間をかけるコツをつかむべきです

構成にどれぐらい時間をかけるべき?

構成にどれぐらい時間をかけるべき?

記事の構成に時間をかければ爆速で記事が書けるようになると言われても、具体的にどれぐらい構成に時間を使えばいいのかわかりませんよね

目安としては、2000字〜3000字程度なら1時間弱、それ以上なら+500文字ごとに15分ずつ増えていくイメージです

長い文章になればなるほど、

  • キーワードを意識した記事作り
  • 参考サイトの分析
  • 読み手のニーズは何か?

などに時間を使うので、あくまでも参考の時間となります

構成に時間をかけるメリット

構成に時間をかけるメリット

構成に時間をかけることで、記事を爆速で書くことにどのようなメリットがあるのでしょうか?

構成に時間をかけるメリットとして主に2つあります

・余計な文章を書かなくていいので、時短につながる
・「何を書けばいいんだ?」という無駄な悩みがなくなる

詳しくみていきます

その①:悩みの解決をする記事が書ける

構成に時間をかけることで、読んでいる人の悩みにフォーカスした記事がかけます

最近視力が落ちてきて、ぼやけて見えるんだよなぁ…

視力検査の結果、視力がだいぶ悪いようなので、あなたの視力に合わせたメガネをご用意しました

ありがとうございます!ただ、できればメガネ以外に視力をあげる方法はありませんか?

それでしたら、こちらのコンタクトレンズはいかがですか?

ありがとうございます!

構成に時間をかけずにいきなり記事を書き始めてしまえば、いわばメガネをすすめていることになります

これは、視力の悩みをコンタクトレンズで解決したい人にメガネをいくらすすめてもあまり効果はありませんよね

構成に時間をかけるということは、読み手の悩みを洗い出し、最適なお悩み解決記事を作成することにつながります

その②:一気に書ききることができる

記事を爆速で書きたいなら、文章は一気に書けばいいことになりますよね?

文章を一気に書くためには、文章を書くことだけに集中する必要があります

「文章を書くこと」「文章を考える」を同時に行うことは難易度が高いです

「文章を考える」と「文書を書く」作業を別作業にすれば、難易度はぐっと下がりますし、爆速で記事を書くポイントでもあります

構成に時間をかけておけば、記事を書くことだけに集中することができるので、時間効率も格段に上がるでしょう

構成に時間をかけないデメリット

構成に時間をかけないデメリット

構成に時間をかけずにいきなり記事を書き始めると、いったいどのようなデメリットがあるのでしょうか?

もしも構成に時間をかけずにいきなり記事を書き始めてしまった時のデメリットは、2つあります

・内容がごちゃごちゃしてしまい、「何を伝えたい記事なのかわからない」
・記事を一気に書ききることができない

デメリットを理解することで、爆速で記事を書くためには、構成に時間をかける必要があることをより深く理解できます

その①:内容がごちゃごちゃする

構成に時間をかけずにいきなり文章を書き始めてしまうと、情報を並べただけの記事となります

質の低い記事

情報を並べただけで、何がポイントかはっきりしない

質の高い記事

ポイントが分かりやすく読み手のお悩みを解決できる記事

構成に時間をかけることで、記事の内容に軸ができます

記事に軸ができることで、読み手の悩みを解決することにフォーカスした記事になります

内容がごちゃごちゃせずにすっきりとした内容となるので、やはり構成に時間をかけるべきです

その②:記事を一気に書ききることができない

今回のテーマである「爆速で記事を書く」ためには、記事を書くスピードをゆるめてはなりません

構成に時間をかけずに見切り発車で記事を書き始めると、常に何を書けばいいのかわからない状況になります

目的もないまま記事をだらだらと書き続けてしまい、結果的に記事を書くスピードが遅くなります

目的がないということを旅行に例えてみましょう

旅行するときは、

  • 目的地を決める
  • スケジュールを決める
  • 移動手段を決める
  • 持っていく道具を決める
  • お店を決める

このように目的や段取りを決めますよね??

目的や段取りを決めることで、旅行がスムーズになります

これは記事を書くときも共通していることで、構成に時間をかけて目的や段取りを決めておけば、記事を書くのもスムーズになります

構成を作成するコツ

構成を作成するコツ

爆速で記事を書くためには、構成に時間をかければいいんだ!と理解できました

しかし、いざ構成を作成しようとしても「どうやって構成を作成すればいいんだ?」と困ってしまいますよね

そこで、構成を作成する時に私が実践している記事構成作成のコツを2つ紹介しますね

その①:上位5サイトを参考に見出しを作る

その②:読み手を「リアルにイメージする」

それでは詳しくみていきますね

その①:上位5サイトを参考に見出しを作る

「ライティング 記事 早く書くコツ」と検索すればズラーとサイトが表示されます
検索順位で上位表示=Googleが良質な記事と判断し、悩みが解決する記事として評価したということです

上位5サイトの記事を参考にすれば、どんな悩みがあるのかを把握でき、構成を作成する大きな手助けとなります

上位5サイトの構成、キーワード、関連する記事を参照しましょう

注意:記事を書く際にコピペは絶対NG

その②:読み手を「リアルにイメージする」

評価が高い記事は、記事を読んだ人が「わかりやすい」「納得した」「悩みが解決できた」と思ってもらえる記事です

逆に評価が低い記事は、「何を伝えたいのかわからない」「ニーズとは全然違うことを言われた」です

どうせなら”爆速で記事が書ける評価が高い”を目指したいですよね

読み手をリアルにイメージすることで、悩みも具体的になり、解決策も具体的になります

読み手をリアルにイメージするコツ

読み手をリアルにイメージするコツは、記事を読んでくれている読み手一人に語りかけることです

一般的な内容で記事を書くのではなく、目の前でまさに困っている一人に向けて記事を書けば、より具体的に記事を書くことができます

最近運動不足で悩んでいるんだよね…

ハードな運動では、この前発売された軍隊式トレーニングがおすすめだよ!あまりきつくない運動なら、毎日5分だけで手軽にできる方法があるよ

あまりきつい運度は好きではないから、5分でできる運動が知りたいなぁ….

お風呂上がりの5分で運動不足が改善する方法を教えるね!

なになに??それ知りたい!

会話形式で悩みを解決しているかのように“構成を組み立てていくと、読み手をリアルにイメージができ、質の高い記事がかけるでしょう

まとめ

・爆速で記事を書くためには、構成に時間をかけて、悩みを解決する記事を一気に書ききることが必要

・構成を作成するコツは、上位5サイトを研究し、読み手の悩みをリアルにイメージすることが大事!

コメント

コメントする

CAPTCHA


Contents
閉じる