【もう迷わない】プログラミングスクールをポイント別に紹介

SKIMAの手数料はいくら?仕組みは?手数料を場面別に解説

この記事では以下の悩みを解決します。

悩み
  • どんな取引をした時にいくら手数料がかかるのか?
  • 手数料以外にかかる費用は?
  • 手数料でちょっとでも得する方法は?

SKIMAの手数料ってどれぐらいかかるか知っていますか?

結論、SKIMAでは11~22%の手数料が発生します。

では、どれぐらいあなたがSKIMAで取引する中で手数料だけでどれぐらいお金を払っているか分かりますか?

この記事では、SKIMAの手数料の仕組みや場面別にいくら手数料がかかるのか解説します。

SKIMAで手数料を安く抑えるコツも書いているので、ぜひ最後まで目を通してくださいね。

Contents

【結論】SKIMAで手数料が発生する場面別に解説

SKIMAで手数料が発生する場面を表にまとめてみました。

取引額が1,000~20,000円22%
取引額が20,001~50,000円16%
取引額が50,001円以上11%

取引手数料を負担するのは、クリエイター側になります。
イラスト購入者にはかかりません。

取引額が大きくなると、手数料は低くなる仕組みですね。

例えば、以下のような計算になります。

5000円(税込)の場合

5000円 – 手数料22%(1100円) = 3900円

30000円(税込)の場合

30000円 – 手数料16%(4800円) = 25200円

60000円(税込)の場合

60000円 – 手数料11%(6600円) = 53400円

となります。

比較として、5000円の取引を複数回行った場合を考えてみましょう。

5000円×6=30000円

手数料22%で計算:6600円

5000円×12=60000円

手数料で22%で計算:13200円

6万円の取引を比較してみると、手数料が2倍も異なることがわかります。

取引金額が大きくなればなるほど手数料が安くなるのはありがたいことですね。

取引手数料以外に発生するものは?

SKIMAで取引する際に手数料がかかりますが、それ以外にかかる費用はどんなものがあるのでしょうか。

以下まとめました。

コンビニ決済200円の手数料
振込申請振込手数料として262円
チップが1,000~20,000円まで手数料22%
チップが20,001~50,000円まで手数料16%
コンペ形式のキャンセル料下図参照
出典:SKIMA公式

取引手数料以外にも費用がかかることは覚えておくべきですね。

SKIMAで料金がかからないものは?

ここまでSKIMAの手数料で費用がかかるものについて解説しましたが、逆に費用がかからないものは何があるでしょうか。

SKIMAで費用がかからないのは以下です。

ポイント
  • SKIMAに会員登録
  • クレジット決済
  • イラストの購入
  • サービスの出品※サービスが売れて手数料が発生する仕組み。

SKIMAでちょっとでも手数料を安く抑えるコツ

ここまで読んで、手数料がかかるのはわかった。手数料を安く抑えるコツないの?って疑問に思うでしょう。

SKIMAで手数料を安く抑えるコツは下記の通り。

ポイント
  • イラスト購入はクレジット決済にする→200円浮く
  • まとまった金額の振込申請をする
  • →振り込み手数料が1回あたり262円かかるため

SKIMAは類似サービスと比較して手数料は高いのか?

SKIMAの手数料について解説してきましたが、結局SKIMAの手数料は安いの?って思うでしょう。

結論、SKIMAの手数料は若干安いですね。

ただ、似てるサービスと比較してもそこまで大差ないのが現実です。

サービスや手数料の比較については以下の記事で解説しているのでぜひ合わせて読んでください。

コメント

コメントする

CAPTCHA


Contents
閉じる