【もう迷わない】プログラミングスクールをポイント別に紹介

ココナラでスキルなしでも副業するには?0→1を作って稼ごう

スキルなしでも副業できるかな?ココナラってサイトがおすすめらしいけど、自分には何ができるんだろう…。おすすめの仕事があれば教えて欲しいなぁ…

この記事で解決します。

スキルがないから副業ができないと諦めていませんか?

スキルなしでも副業を始めたい…
自慢できるスキルがあれば稼げるのに…
本業以外にお金を稼いで豊かになりたい…

こんな悩みありますよね。

スキルなしでもココナラなら副業できます。

この記事では、ココナラでスキルなしでもOKなジャンルを紹介。

記事の後半では稼げるジャンルも書いています。

ぜひ最後までご覧ください。

本記事のゴール
  • ココナラでスキルなしでもできるジャンル
  • スキルがあると稼げるジャンル
  • スキルなしで副業するメリット・デメリット

そもそもココナラとはなんぞや?って人はこちらの記事をご参照ください。

Contents

ココナラでスキルなしでもOKなできるジャンル

結論を書くと、スキルなしでもOKなジャンルは記事作成と文字起こし・データ入力です。

【記事作成】

ココナラでは、ライティング・ネーミングのジャンルでスキルを出品できます。

記事作成って特別なライタースキルが必要なんじゃないか?

と思いがちですが、スキルなしでもチャレンジできます。

完全未経験であれば、時給換算するとだいたい250円前後ぐらい。

えっ低すぎ…

だからと言って、諦めないでくださいね。

経験を積めば、記事の執筆速度やリサーチ力が上がるため時給換算で1000円は軽く突破します。

私の経験上、最初のうちは3000文字1500円ぐらいで、書くのに6時間かかりました。50記事ぐらい書けば慣れて、1時間で2000文字書けるようになりましたね。時給換算すると1200円ぐらいが平均でした。

記事の執筆速度を上げると同時に、記事の依頼がきやすくなる工夫が必要です。

なぜなら、そもそも仕事の依頼がなければ稼げないから。

スキルがないうちは、どうしても実績が作りにくいのです。

どうやって仕事をとればいいんだよ…

って思う方は、以下の方法を実践してみましょう。

結論:記事作成は競合も多いので、〇〇に特化した記事作成がおすすめです。

〇〇に入るのは、これまでの自分の実体験で書けるものです。例えば、

  • 部下を育成した経験
  • 転職に成功・失敗した経験
  • 実際に商品やサービスを使ってみた感想
  • 映画のレビュー
  • 節約・時短テクニック
  • ハマっている漫画やアプリ

など、洗い出してみましょう。

実体験がある記事はオリジナルがあり、記事の評価も高いです。

なので、スキルなしで記事作成のスキルを出品するならば、実体験が書けるジャンルにしましょう。

実体験であれば、記事もスラスラ書けるし、仕事も舞い込みやすいのでぜひトライしてみてくださいね!

【文字起こしやデータ入力】

ココナラでは、ビジネスサポート・代行>データ入力・文字起こしのジャンルでスキルが出品できます。

文字起こしとは、PDF画像、音声、Youtube動画のなどを文字に直す作業です。パソコンに文字を打てれば、誰でもチャレンジできます。

データ入力とは、ワードやエクセルにデータを入力したりリストを作成したりする作業です。

どちらも根気がいる作業ですが、スキルなしでもできるのでココナラの入り口としておすすめですよ。

ココナラでスキルがあると稼げるジャンル

スキルがあると稼げるジャンルは以下の通りです。

需要&稼げる順に並べてあります。

スキルがあると稼げるジャンル
  • web制作
  • 動画編集
  • 翻訳

それぞれみていきます。

【Web制作】

最も需要があり、稼げるジャンルがweb制作です。続いて動画編集、翻訳となります。

Web制作には、ホームページ制作やバナー制作、Webサイトの修正やアプリ開発まで様々ありますね。

ホームページ制作の相場はだいたい5万円前後、Webサイト制作ならだいたい20万円前後です。

独学でweb制作を学ぶとなると、最低半年〜1年ぐらいは必要ですが、スキルがあれば稼ぎやすいです。

依頼がくれば、まとまった金額が稼げるのでおすすめです。

【動画編集】

YouTubeの動画編集や切り抜き動画の作成、テロップ入れなどのスキルが必要です。

ただ、クオリティが高い動画編集をするために編集ソフトや素材の有料課金も必要な場合があります。

スキルを身につけるまでに高いハードルを感じるけど、需要が高いのでおすすめのスキルです。

時給換算すると、1000円〜2000円ぐらいなのでスキルがあれば割と稼げるジャンルですね。

【翻訳】

英語・中国語・韓国語・スペイン語・ドイツ語などの翻訳が中心のお仕事です。

ココナラで出品されている翻訳では、
・英文履歴書
・字幕付け(YouTubeなど)
・論文
・ナレーション
・記事作成
などがありました。

語学のスキルを身につけるのはなかなか苦労すると思います。

翻訳のスキルがあると強い武器になるので、多岐にわたって活躍できますね。

ココナラでスキルなしでも副業するメリット

スキルなしでも副業するなら、ココナラを利用すべきです。

なぜなら以下のような3つのメリットがあるから。

メリット
  • 売れなくてもリスクなし
  • 0→1の実績を作れる
  • 横展開しやすい

それぞれみていきましょう。

メリット①:売れなくてもリスクなし

ココナラは、自分のスキルを出品できるサービスです。

会員登録もスキル出品する時も無料なので、仮に「スキルを出品して売れなくても」お金が発生する心配もありません。

ただ、スキルが売れたら売上料から手数料取られますけどね…

スキルが売れなくてもリスクがないので、副業したいならココナラを活用すべきですね。

メリット②:0→1の実績を作れる

「相談するならココナラ」と言われるぐらいココナラには様々なスキルが出品されています。

スキルを出品するだけでなく、ココナラで相談することで悩みが解決できるんですよね。

ココナラはCMも放映されており、知名度も高いし利用者も多いです。

だから、依頼が多いから実績を作りやすいんですよね。

メリット③:横展開しやすい

ココナラは0→1の実績を作りやすいので他のクラウドソーシングなどに横展開しやすいですね。

例えば、日本最大級のクラウドワークスやランサーズにもココナラの実績をアピールすれば受注もしやすくなります。

ココナラと他のクラウドソーシングの違いは、ココナラはスキルを出品するけど他のサイトは提案して受注しなくちゃいけないです。
なので、初心者にとって受注するのが難しいという悩みがあります。

ココナラの実績をもとに横展開できれば、副業で稼げるチャンスも増えますね。

ココナラでスキルなしでも副業するデメリット

スキルなしでココナラで副業するデメリットは以下があります。

デメリット
  • 単価が低い
  • スキルがないため依頼が来にくい

それぞれみていきましょう。

デメリット①:単価が低い

スキルがないとやはり単価は低くなりがちです。

エンジニアで例えます。同じ報酬を払うとして、スキルがある人なら1時間で終わるところをスキルがない人だと1日かかるとします。
その場合は、1時間で終われば時給も高いですよね。
それにスキルがある人の方が経験値も高いので、高品質なコードが書けます。

上記の場合、スキルがないと単価が低くなるのは明らかですよね。

ココナラではスキルなしでも副業できますが、スキルあったほうが稼げます。

デメリット②:スキルがないため依頼が来にくい

スキルがないと依頼もされにくいです。

できればスキルがある人にお願いしたいですよね。

先程のエンジニアの例のように、スキルがある人の方が高品質で手直しも少ないので依頼がきやすいです。

結論:ココナラでスキルなしでも副業できるが、限界ある

ココナラではスキルなしでも記事作成や文字起こしなどで副業できます。

スキルないから、副業できるかな…

と心配している人は、まずはココナラで0→1の実績を作ってみましょう。

ただ、スキルなしのままではいつか必ず限界がきます。

実績が作れたら、スキルを学び単価や実績をさらに上げる努力をするべきですね。

スキルがついたらココナラ以外のサイトでも実績を作るのもいいでしょう。

実際に私がココナラでスキルを購入してみた実体験記事も書いているので、ココナラで相談したいなと思っているかたは、ぜひチェックしてみてください。

コメント

コメントする

CAPTCHA


Contents
閉じる