【市場価値がわかる】エンジニア転職におすすめなサイト

【Laravel8】内部結合でデータを取得する方法を解説

内部結合

Laravelで内部結合してデータを取得するにはどうすればいいんだろう…

こんな疑問を解決します。

1つのテーブルだけでなく、複数のテーブルを結合してデータを取得したいって時ありますよね。

この記事では、shopsテーブルとmenusテーブルを例に内部結合でデータを取得する方法を解説します。

【動作環境】
Laravel8

Contents

Laravelで内部結合の事前準備で、テーブル作成&データを投入する

内部結合をする準備として、テーブルを作成しましょう。

ここで作成するテーブルはshops(店舗)テーブルとmenus(メニュー)テーブルです。

shopsテーブル

id店舗ID
shop_name店舗名

menusテーブル

idメニューID
shop_id店舗ID
menu_nameメニュー名

マイグレーションファイルを作成して、テーブルを作りましょう。

$ php artisan make:migration create_shops_table

shopsテーブルを作成

<?php

use Illuminate\Database\Migrations\Migration;
use Illuminate\Database\Schema\Blueprint;
use Illuminate\Support\Facades\Schema;

class CreateShopsTable extends Migration
{
    /**
     * Run the migrations.
     *
     * @return void
     */
    public function up()
    {
        Schema::create('shops', function (Blueprint $table) {
            $table->id();
            $table->string('shop_name', 255);
            $table->timestamps();
        });
    }

    /**
     * Reverse the migrations.
     *
     * @return void
     */
    public function down()
    {
        Schema::dropIfExists('shops');
    }
}
$ php artisan migrate

menusのマイグレーションファイルを作成し、menusテーブルを作成します。

$ php artisan make:migration create_menus_table

menusテーブルを作成

<?php

use Illuminate\Database\Migrations\Migration;
use Illuminate\Database\Schema\Blueprint;
use Illuminate\Support\Facades\Schema;

class CreateMenusTable extends Migration
{
    /**
     * Run the migrations.
     *
     * @return void
     */
    public function up()
    {
        Schema::create('menus', function (Blueprint $table) {
            $table->id();
            // Laravel7系以上なら以下で外部キー設定できる
            $table->foreignId('shop_id')->constrained();
            $table->string('menu_name', 255);
            $table->timestamps();
        });
    }

    /**
     * Reverse the migrations.
     *
     * @return void
     */
    public function down()
    {
        Schema::dropIfExists('menus');
    }
}

Laravel7系以上なら外部キーは上記のようにかけますが、もしLaravel6系以下であれば、Laravel6系の公式ドキュメント(外部キー制約)を参照してください。

$ php artisan migrate

shopsとmenusテーブルができたので、shopsテーブルとmenusテーブルにデータを入れておきます。

shopsテーブルにサンプルデータをインサート

INSERT INTO `shops`(`id`, `shop_name`, `created_at`, `updated_at`) VALUES 
(1,'すき家','2022-03-01 12:00:00', null),
(2,'ピザーラ','2022-03-01 12:00:00', null),
(3,'ガスト','2022-03-01 12:00:00', null),
(4,'餃子の王将','2022-03-01 12:00:00', null),
(5,'魚民','2022-03-01 12:00:00', null);

menusテーブルにサンプルデータをインサート

INSERT INTO `menus`(`id`, `shop_id`, `menu_name`, `created_at`, `updated_at`) VALUES 
(1,1,'牛丼','2022-03-02',null),
(2,1,'チーズ牛丼','2022-03-02',null),
(3,2,'よくばりクウォーター','2022-03-02',null),
(4,2,'マルゲリータ','2022-03-02',null),
(5,3,'ハンバーグ','2022-03-02',null),
(6,3,'カレー','2022-03-02',null),
(7,4,'餃子定食','2022-03-02',null),
(8,4,'チャーハン','2022-03-02',null),
(9,5,'焼き鳥','2022-03-02',null),
(10,5,'シーザーサラダ','2022-03-02',null);

準備ができたので、実際にLaravelで内部・外部結合してデータを取得してみましょう。

Laravelで内部結合してデータを取得する

内部結合は、2つのテーブルにある条件が一致するカラムをもとに1つのテーブルのようにデータを取得するやり方です。
例えば、shopsテーブルはidを持ち、menusテーブルはshop_idを持っています。このshops.idとmenus.shop_idの値が一致するもの同士でテーブルを合体させる手法です。

以下のように、menus.shop_idとshops.idの値が一致するカラムがあった場合、

内部結合することで、menusテーブルのデータだけでなく、shopsテーブルのデータもあわせて取得できます。

SQLで書くとこんな感じ。

SELECT
    *
FROM
    menus
    INNER JOIN
        shops
    ON  menus.shop_id = shops.id
;

Laravelのクエリビルダを用いて、内部結合を書くとこんな感じになります。

// 基本パターン
join('結合先テーブル', 'テーブル1.参照カラム', '=', 'テーブル2.参照カラム')

例)
$menus = Menu::join('shops', 'menus.shop_id', '=', 'shops.id')
           ->get();

// イコールは省略できます。
$menus = Menu::join('shops', 'menus.shop_id', 'shops.id')
           ->get();

dd($menus)でデバッグしてみると、以下のようにmenusのデータだけでなく、shopsテーブルのshop_nameもデータ取得できています。

もし2つ以上のテーブルを内部結合する場合は、joinを増やします。

$menus = Menu::join('shops', function($join) {
            $join->on('menus.shop_id', 'shops.id');
        })
     ->join('', function($join) {
            $join->on('', '');
        })
        ->get();

実務で書く場合は、内部結合の条件だけではなく、whereなどと組み合わせることがよくあります。

その場合は、join句の2番目の引数にクロージャを渡します。

// 基本パターン
$menus = Menu::join('結合先テーブル', function($join) {
            $join->on('テーブル1.参照カラム', 'テーブル2.参照カラム')
         })

例)
$menus = Menu::join('shops', function($join) {
            $join->on('menus.shop_id', 'shops.id')
                 ->where('shops.id', 3);
         })
         ->get();

$join句のなかでも変数を使いたい場合があるでしょう。その場合はuseを使って変数を渡します。

$value = 'すき家';
$menus = Menu::join('shops', function($join) use ($value) {
            $join->on('menus.shop_id', 'shops.id')
                 ->where('shops.shop_name', $value);
         })
         ->get();

shop_nameがすき家の条件で、内部結合したデータを取得できます。

>>転職するのにおすすめのサイトはこちらをクリック
>>副業で稼ぐためにおすすめのサイトはこちらをクリック

スキルを売り買いするならココナラ

オンライン動画学習ならUdemy

コメント

コメントする

CAPTCHA


Contents
閉じる