【もう迷わない】プログラミングスクールをポイント別に紹介

MOSHの使い方!実際にスマホで操作しながら画像付きで解説

MOSHの使い方について画像で解説して欲しいなぁ…

MOSHの使い方についてどの記事よりも詳しく解説します!

この記事では、実際にスマホで操作しながらMOSHのオンラインレッスンを開設してみようと思います。

本記事のゴール
  • MOSHの使い方が画像付きでわかる
  • 実際にスマホで操作しながら流れがわかる
Contents

MOSHを実際に使ってみた実体験レビュー

MOSHを実際に使ってみて、スマホだけで本当に簡単にオンラインレッスンが開設できました。

イベント開催やサブスク形式のオンラインレッスンも選んであとは入力するだけ。

プログラミングの知識は一切不要です。

初期費用や月額課金も発生せず、売上が上がった時に手数料が数%とられるのみ。

ZOOMとの連携も取れており、これからまだまだ伸びそうなサービスと強く実感しました。

MOSHの使い方(アカウントを登録)

MOSHのオンラインレッスンを開設するには、まずはアカウントを登録しましょう。

アカウントの登録方法は以下です。

1.MOSH公式から名前・メールアドレス・パスワードを入力してアカウントを登録する
※Facebookなどで登録することも可能

MOSHの使い方。メールアドレスを認証する
出典:MOSH公式

2.アカウント名を決める

MOSHの使い方。アカウント名を決める
出典:MOSH公式

3.プロフィールを書く

MOSHの使い方。基本情報を編集する
出典:MOSH公式

4.一通り記入ができたら自分のホーム画面が表示される

MOSHの使い方。ホーム画面
出典:MOSH公式

MOSHの使い方(メールアドレスを認証する)

アカウントが作成できたら、オンラインレッスンを開設するまでにまずはメールアドレスを認証しましょう。

MOSHの使い方。ホーム画面
出典:MOSH公式

再送するをクリックすると、登録したメールアドレスにメールアドレス認証するためのメールが送信されます。

そこから、メールアドレスを認証しましょう。

MOSHの使いかた(サービスを作成編)

メールアドレスが認証できたら、サービスを作成してみましょう。

以下のようにサービスを作成より可能です。

MOSHの使い方。やることリストよりサービスを作成する
出典:MOSH公式

もしくは、ホーム画面から「サービス」を選び、

MOSHの使い方。ホーム画面からサービスを選択する
出典:MOSH公式

作成ボタンをポチッとすれば、

MOSHの使い方。サービスを選択より、サービスを作成する
出典:MOSH公式

サービスページの種類を選択できます。

一般的なのは、クラス・イベント開催で、日時指定で予約できるページが作成できます。

マンツーマン用やサブスク用のページも選択可能ですね。

MOSHの使い方。サービスページを作る
出典:MOSH公式

1.サービスを作成を選択したら、サムネとサービス名を決めましょう。
※一般的なクラス・イベント開催を例にページを作成していきます。

MOSHの使い方。サムネとタイトルを決める
出典:MOSH公式

2.下にスクロールすると、サービスの詳細を入力できます。

「こんなことやります」にサービスの詳細などを記入しましょう。

MOSHの使い方。サービスの詳細を記入する
出典:MOSH公式

3.サービスの流れやオプションメニューを必要に応じて追記しましょう。

MOSHの使い方。サービスの流れを記入する
出典:MOSH公式

4.募集人数や日程などを記入します。

MOSHの使い方。募集人数などを決める
出典:MOSH公式

5.サービスを利用するにあたり、注意事項などを記入しましょう。

MOSHの使い方。注意事項を編集する
出典:MOSH公式

6.サービスの利用料をまだ記入していなかったので、右下の「値段を編集」するから、サービス金額を自由に設定できます。

MOSHの使い方。サービス金額を決める
出典:MOSH公式

7.サービスの金額を設定しましょう。

MOSHの使い方。サービス金額の具体的な設定方法
出典:MOSH公式

MOSHの使い方(サービスを公開する)

MOSHでサービスを編集できたら、サービスを公開しましょう。

右上にある「公開する」をポチッと押せば、サービスが公開できます。

MOSHの使い方。サービスを公開する
出典:MOSH公式

ただ、アカウント設定したばかりだと本人確認やクレジット決済の登録、口座の登録などを済ませていないとサービスを公開できません。

その場合は、ホームに戻って③販売者情報を入力しようより、本人確認を行いましょう。

MOSHの使い方。販売者情報を入力する
出典:MOSH公式

本人確認が有効になればサービスを公開できます。

LINEと連携すれば、通知がきて便利です。

MOSHの使い方。LINEで予約通知を設定する
出典:MOSH公式

MOSHの使い方をマスターして副業をしよう!

MOSHの使い方を画像付きで解説してきました。

実際にスマホを操作しながら解説してきたので、具体的でわかりやすかったと思います。

今回はテストでサービスを作成してみましたが、実際のサービスとなるとサービス詳細も時間かけて作りましょう。

一度サービスを作成してしまえば、MOSHの操作にもなれて新しいサービスにも繋げられますね。

MOSHはオンラインレッスンの実績を作れる

MOSHはスマホでオンラインレッスンを簡単に開設できます。

オンラインレッスンの実績も作れるので、MOSHの実績を他の経験にも活かせますね。

MOSHは個人向けのサービスなので、個人事業主やフリーランスの方におすすめなサービスになります。

この記事でMOSHの使い方のハードルを少しでも下げられたら幸いです。

以下の記事でMOSHも取り上げていますが、MOSHと似たサービスも紹介していますので、ぜひチェックしてみてください。

コメント

コメントする

CAPTCHA


Contents
閉じる