【市場価値がわかる】エンジニア転職におすすめなサイト

Laravel8でTodoアプリを作成しよう②【全4記事】

Laravel8でTodoアプリを作成するパート②です。

前回までの記事

前回では、Tasksテーブルを作成し、シーダーで初期データを投入しました。

この記事では、タスク一覧と詳細画面を実装していきます。

環境構築手順やdockerの基本コマンドなどは、【簡単】Laravel8・php8・mysql8のDocker環境構築で解説しています。

PHPコンテナの入り方
laravel_todo % docker-compose start
または、docker Desktopからコンテナを起動させる。

コンテナが起動したら、laravel_todo % docker psでコンテナの情報を確認する。
laravel_todo % docker exec -it コンテナIDまたはNAMES bash
で、PHPのコンテナに入る。
例)
laravel_todo % docker exec -it laravel_todo_php_1 bash

/var/www#
とかになればOK

【動作環境】
Mac intel
PHP8
Laravel8
apache2.4
Mysql8
phpmyadmin
Composer 2.2.6
node 12系

Contents

タスク一覧を表示する

モデルを作成します。

参考記事:Laravel公式ドキュメントEloquentの準備

/var/www# php artisan make:model Task
Model created successfully.

モデルができます。

<?php

namespace App\Models;

use Illuminate\Database\Eloquent\Factories\HasFactory;
use Illuminate\Database\Eloquent\Model;

class Task extends Model
{
    use HasFactory;
}

コントローラーを作成します。

/var/www# php artisan make:controller TasksController
Controller created successfully.

コントローラができます。

<?php

namespace App\Http\Controllers;

use Illuminate\Http\Request;

class TasksController extends Controller
{
    //
}

タスク一覧画面を作成しておきます。こちらは手動でファイル作成で大丈夫です。

<h1>タスク一覧画面</h1>

ルーティングを追加して、ページを表示させます。
※冒頭にTasksコントローラーをuseで読み込ませる記述を忘れずに!

Laravelのルーティングの書き方については、Laravel8ルーティングの書き方!スッキリ記述する方法を参照ください。

<?php

use Illuminate\Support\Facades\Route;
use App\Http\Controllers\TasksController; // 追加するのを忘れない

/*
|--------------------------------------------------------------------------
| Web Routes
|--------------------------------------------------------------------------
|
| Here is where you can register web routes for your application. These
| routes are loaded by the RouteServiceProvider within a group which
| contains the "web" middleware group. Now create something great!
|
*/

// Route::get('/', function () {
//     return view('welcome');
// });

Route::get('/', [TasksController::class, 'index'])->name('tasks.index');

最後に先ほど作成したTasksコントローラーを修正しましょう。

<?php

namespace App\Http\Controllers;

use Illuminate\Http\Request;
use App\Models\Task;  // 追加するのを忘れない

class TasksController extends Controller
{
    public function index()
    {
        return view('tasks.index');
    }
}

私の環境ではhttp://localhost:18888にアクセスすると、index.blade.phpで記載したタスク一覧表示の文字が確認できます。

tasksテーブルにデータが5件投入されているのでそれを表示させていきましょう。

コントローラーを修正します。

コントローラーからビューに変数を渡す場合は、compact関数を使うとスリムにかけるのでおすすめです。

詳しくはLaravelでコントローラーからビューに変数を渡す方法を参照ください。

<?php

namespace App\Http\Controllers;

use Illuminate\Http\Request;
use App\Models\Task;

class TasksController extends Controller
{
    public function index()
    {
        $tasks = Task::get();
        return view('tasks.index', compact('tasks'));
    }
}

以下のようにビューを修正します。

<style>
    h1 {
        text-align: center;
        padding: 30px;
    }
    .container {
        width: 80%;
        margin: 0 auto;
    }
    table {
        border-spacing: 0;
        border-collapse: collapse;
        border-bottom: 1px solid #aaa;
        color: #555;
        width: 100%;   
    }
    th {
        border-top: 1px solid #aaa;
        background-color: #f5f5f5;    
        padding: 10px 0 10px 6px;
        text-align: center;        
    }
    td {
        border-top: 1px solid #aaa;
        padding: 10px 0 10px 6px;
        text-align: center; 
    }
    a {
        margin-right: 20px;
    }
</style>
<h1>タスク一覧</h1>
<div class="container">
    <table>
        <tr>
            <th>タスク</th>
            <th>アクション</th>
        </tr>
        @foreach ($tasks as $task)
        <tr>
            <td>{{ $task->name }}</td>
            <td>
                <a href="">詳細</a>
                <a href="">編集</a>
                <a href="">削除</a>
            </td>
        </tr>
        @endforeach
    </table>
</div>

再度、http://localhost:18888/にアクセスすると画面が以下のように確認できます。

詳細、編集、削除は後ほど実装していくので、現状はクリックして何も反応なくてもOKです。

タスク詳細ページを実装

タスク一覧ができたので、詳細機能を実装していきます。

タスクの詳細リンクを押したときに、詳細ページにまずは遷移するようにbladeファイルとルーティングを追加しましょう。

bladeファイルを作成します。

<h1>タスク詳細</h1>

ルーティングを追加します。

<?php

use Illuminate\Support\Facades\Route;
use App\Http\Controllers\TasksController;

/*
|--------------------------------------------------------------------------
| Web Routes
|--------------------------------------------------------------------------
|
| Here is where you can register web routes for your application. These
| routes are loaded by the RouteServiceProvider within a group which
| contains the "web" middleware group. Now create something great!
|
*/

Route::get('/', [TasksController::class, 'index'])->name('tasks.index');
// 詳細ページ
Route::get('/{id}', [TasksController::class, 'show'])->name('tasks.show');

コントローラーにshowアクションを追加します。

<?php

namespace App\Http\Controllers;

use Illuminate\Http\Request;
use App\Models\Task;

class TasksController extends Controller
{
    public function index()
    {
        $tasks = Task::get();
        return view('tasks.index', compact('tasks'));
    }

    public function show($id)
    {
        return view('tasks.show');
    }
}

これで、http://localhost:18888/1とかhttp://localhost:18888/2とかにアクセスすると、タスク詳細ページに遷移できます。

次にタスク一覧画面から詳細ページに遷移させましょう。

(省略)
@foreach ($tasks as $task)
<tr>
    <td>{{ $task->name }}</td>
    <td>
        <a href="{{ route('tasks.show', ['id' => $task->id]) }}">詳細</a>
        <a href="">編集</a>
        <a href="">削除</a>
    </td>
</tr>
@endforeach
(省略)

これで、以下の詳細リンクを押したときに、それぞれの詳細ページに遷移します。

詳細ページに遷移まで確認できたので、タスク詳細ページに必要な情報を記載し、完成させましょう。

コントローラーのshowメソッドを以下のように修正します。

<?php

namespace App\Http\Controllers;

use Illuminate\Http\Request;
use App\Models\Task;

class TasksController extends Controller
{
    public function index()
    {
        $tasks = Task::get();
        return view('tasks.index', compact('tasks'));
    }

    public function show($id)
    {
        $task = Task::find($id);
        return view('tasks.show', compact('task'));
    }
}

タスク詳細画面も以下のように修正します。

<style>
    h1 {
        text-align: center;
        padding: 30px;
    }
    .container {
        width: 60%;
        margin: 0 auto;
    }
    table {
        width: 100%;
        border-collapse: collapse;
        border-spacing: 0;
    }
  
    table th,table td {
        padding: 10px 0;
        text-align: center;
    }
  
    table tr:nth-child(odd){
        background-color: #eee
    }
    .link {
        display: flex;
        justify-content: space-between;
    }
</style>
<h1>タスク詳細</h1>
<div class="container">
    <table>
        <tr>
            <th>ID</th>
            <td>{{ $task->id }}</td>
        </tr>
        <tr>
            <th>タスク</th>
            <td>{{ $task->name }}</td>
        </tr>
        <tr>
            <th>タスク内容</th>
            <td>{{ $task->content }}</td>
        </tr>
        <tr>
            <th>作成日時</th>
            <td>{{ $task->created_at->format('Y年m月d日 H:i') }}</td>
        </tr>
        <tr>
            <th>更新日時</th>
            <td>{{ $task->updated_at->format('Y年m月d日 H:i') }}</td>
        </tr>
    </table>
    <div class="link">
        <div class="link__back">
            <a href="/">戻る</a>
        </div>
        <div class="link__edit">
            <a href="">編集する</a>
        </div>
        <div class="link__delete">
            <a href="">削除する</a>
        </div>
    </div>
</div>

これで、詳細画面もできました。戻るリンク押すと、タスク一覧に戻ります。

次回からは、タスクの追加とバリデーションを実装していきます。

疑問点などがあればお気軽にページ下部にあるコメントやお問合せよりご質問ください。

ツイッターのDMでもOKです。>>Twitterはこちら

>>転職するのにおすすめのサイトはこちらをクリック
>>副業で稼ぐためにおすすめのサイトはこちらをクリック

スキルを売り買いするならココナラ

オンライン動画学習ならUdemy

コメント

コメントする

CAPTCHA


Contents
閉じる