【もう迷わない】プログラミングスクールをポイント別に紹介

BASEはなぜ無料で開設できる?無料の理由と手数料の仕組みを解説

BASEはネットショップ開設が無料なんだって。他の有料ネットショップは初期費用や月額費用がかかるから、ハードルが高い。なぜBASEは無料なのか知りたい…

こんな疑問を解決します。

元SMAPの香取慎吾さんがCMをやっていたことでも有名なBASE。

無料でネットショップを開設できると人気です。

実績も高く、累計150万以上のネットショップが開設されています。

追加情報として、2021年5月までに3年連続でネットショプ開設数ナンバー1なんですね。

この記事では、BASEがなぜ無料なのか?その理由と手数料の仕組みなどについて紹介します。

記事の後半では、BASEと他の有料サービスの比較なども行なっているので、最後までぜひ見てくださいね!

本記事のゴール
  • BASEがなぜ無料なのか理由がわかる
  • BASEの手数料の仕組みがわかる
  • BASEと他のサービスの比較がわかる
Contents

【結論】BASEがなぜ無料なのかは、〇〇だから

BASEは無料でネットショップを開設できることで人気であり、初期費用や月額料金は一切かかりません。

他の有料サービスが初期費用1万円以上・月額料金1万円以上かかるのに対し、BASEはなぜ無料なのか?

それは、商品が売れたときに手数料がかかるからです。

手数料がかかることがデメリットに感じるでしょう。

しかし、

ネットショップを開設したいけど、初期費用や月額料金が高くて手を出せない。やっぱりハードルが高いな…

という心配もBASEならありません。

「商品が売れたとき」に手数料はかかりますが、初期費用や月額料金もかからないので、

  • ネットショップを手軽に開設したい
  • 自分の商品をネットで売りたいけどどうすればいいのかわからない
  • 初期費用などにお金をかけたくない

こんな悩みを持つ人にBASEは人気です、

BASEで費用がかかる場合

BASEで費用が発生するのは、「商品が売れたとき」です。

商品が売れたときに、BASEかんたん決済手数料とサービス利用料がかかります。

□BASEかんたん決済手数料
→注文金額の3.6%+40円

□サービス利用料
→注文金額の3%

つまり、「商品が売れたとき」にBASEでは1注文金額あたりに手数料が6.6%+40円かかるんですね。

初期費用や月額料金がかからないかわりに、手数料は上記のように発生することを覚えておきましょう。

BASEの手数料のシミュレーション

商品が売れたときに6.6%+40円かかる?それだけ言われてもわからないしイメージできない

って思いますよね。

そこで実際にどれぐらいの手数料が発生するのか具体的な数字をもとにシミュレーションしてみました。

1回の注文の売上金額が税込で5000円だった場合

合計金額:5000円(税込)

□BASEかんたん決済手数料(3.6%+40円)
→5000×0.036+40=220

□BASEサービス利用料(3%)
→5,000×0.03=150

□手元に残る金額
→5,000-220-150=4,630円

このようなイメージになります。

5,000円の売上なら手数料が引かれて最終的に4,630円ってことですね。

なんとなくイメージは掴めましたでしょうか?

次にBASEの手数料について他のサービスとも比較しながら検討していきたいと思います。

BASEの手数料は安いのか?他のサービスと比較

ここでは、BASEの手数料をもとに他のサービスと比較していきます。

出典:https://web-kanji.com/posts/shopify-compare

3つのサービスを比較してみると、

手数料が一番安い→Shopify
手数料が一番高い→BASE

となります。

ただ、Shopifyは月額料金で最低でも3000円ほどかかるのがネックです。

そこで、初期費用と月額料金がともに0円であるBASEとSTORESを比較してみます。

手数料が安い→STORES
※BASEが6.6%+40円に対し、STORESの無料プランでも5%

よって手数料で比較すると、BASEは3つのサービスの中で最も高いことになりますね。

….が、実はBASEとSTORESをさらに比較すると、BASEの方が手数料がお得に。

それは、「急いで振込をお願いしたい!」って場合です。

翌営業日に振り込まれるサービスでBASEでは「お急ぎ振込」、STORESでは「スピードキャッシュ」と呼ばれます。

□BASEの場合
→合計の手数料は8.1%+40円

□STORESの場合
→8.5%

実はBASEの方が安くなるんですよね。

またBASEは振込までのサイクルも早いので、入金も早いです。

BASEはこういった点でも強みがあります。
>>無料ショップ開設なら【BASE】

【まとめ】BASEはなぜ無料なのか?

今回は、BASEが初期費用と月額料金が無料であることや、手数料の仕組みについて解説していきました。

さらにBASE・Shopify・STORESの手数料も合わせて比較したので具体的にイメージできたかと思います。

無料でネットショプを開設したいけどなかなか勇気が出ないな…なんだか難しそう

って思っているなら、BASEでサクッとネットショップを開設してみましょう。

直感的にページも作れるので、以下よりサービスを今すぐチェック!
>>無料ショップ開設なら【BASE】

コメント

コメントする

CAPTCHA


Contents
閉じる