【厳選】Webライターにおすすめのクラウドソーシングサイト5選

webライターにおすすめのクラウドソーシングサイト5選 webライター

webライターにおすすめのクラウドソーシングサイトって?

こんにちは。
カモメのススメ(@biaRih5ELpGPrWH)です

あなたは、在宅の仕事で人気のwebライターをしたいけれど、ぶっちゃけどんな行動をすればいいのか困ってしまいますよね

webライターやるのは初めて不安
正直、続けられるか不安
ぶっちゃけ稼げるの?

こんな不安があるでしょう

ただ、新しいことにチャレンジしたい気持ちもきっとありますよね

この記事では、webライターデビューするのにおすすめのクラウドソーシングサイトを5選紹介します

ただ、「ここに書かれていることは本当に信頼していいの?」と思うこともあるでしょう

安心してください!

全て実績や信頼のあるサイトだけご紹介しています

それぞれのサイトのメリットだけでなく、デメリットも書いているので、登録する、しないはあなたに任せます!

リンクからそのサイトに飛べるようになっているので、気になったサイトがあれば、公式HPをみた上で登録しましょう

  • webライターにおすすめのクラウドソーシングサイトが知りたい
  • どんなクラウドソーシングサイトが向いているのか知りたい
記事の全体像
  • おすすめのクラウドソーシングサイト5つ紹介しています
  • webライターのパターン別で、分類しています

Webライターをするのが初めて
→案件数や登録者数が多いサイトがおすすめ
クラウドワークス
ランサーズ
Craudiaクラウディア
ちょっと余裕が出てきたかた
→他のサイトにも登録し、自分にあった案件を探す
【サグーワークス】
ココナラ

webライターにおすすめのクラウドソーシングサイト一覧

クラウドソーシングサイトってそもそもなに?

インターネット上で、企業と仕事を受けたい人をマッチングするサービスだよ

在宅でも稼げるから、今すごい人気のサービスなんだ

これから紹介していくクラウドソーシングサイトはこの5つです

登録すべきサイトが多すぎてどれがいいのかわからないよ」って人のために、簡単にまとめます

クラウドソーシングサイトのおすすめ

Webライターが初めての方は、実績や案件が豊富にある、

この辺がおすすめです

Webライターに慣れてきたら、

【サグーワークス】(記事作成に特化)
ココナラ

がおすすめですね

圧倒的な案件数ならクラウドワークス

Webライターデビューするなら、クラウドワークスがおすすめです

なぜなら、クラウドソーシングの中でも圧倒的に案件数が多く、知名度も抜群だからです

CMも流れているため、ご存知の方も多いのではないでしょうか?

まずはクラウドワークスに登録するべき理由として、

・案件が多いから、仕事に困らない
・知名度も高いから安心できる
・上場している会社が運営している

ただ、システム手数料が高かったり、案件が豊富すぎて決められないなどのデメリットもあります

   メリット   とにかく圧倒的な知名度と案件が豊富
   デメリット   手数料が高い
   登録者数   会員数355万人、60万社の企業
※2020年3月
   案件数   2,588件
※2020年10月調べ
   おすすめ度   5.0

クラウドワークスと並ぶランサーズ

ランサーズは、クラウドワークスと並ぶ日本最大級のクラウドソーシングサイトです

Webライターをするなら、ランサーズにも登録しましょう

ランサーズの案件数と実績は強いです

・全ての案件数は約210万
・約40万社以上の企業が登録
・案件が適正価格なのかわかる

クラウドワークスとランサーズどっちがいいの?と困っちゃうんだけど

正直、そこまで差はないので、どちらも登録するのがおすすめだよ

私もwebライターとして活動始めたときに、どちらもとりあえず登録しておきました

   メリット   利用満足度No.1のクラウドソーシング
※満足度・リピート率・運営実績
※2018年ランサーズの調べ          
   デメリット   手数料が高い
   登録者数   HP記載なし
   案件数   508件
※ライティング・ネーミングカテゴリーの検索結果
※2020年10月調べ
   おすすめ度   5.0
クラウドソーシング「ランサーズ」

会員数100万人以上!クラウディア

クラウディアは、報酬の時に発生する手数料が、他のサイトと比べると圧倒的に安いです

具体的に言えば、手数料は3%〜15%となっています

クラウドワークスでは、1万円以下の報酬の場合、手数料が20%です

いかにクラウディアの手数料が安いかわかるでしょう

少しでも多く報酬が欲しいwebライターは、クラウディアにも登録しておきましょう

   メリット   手数料が圧倒的に安い
   デメリット   知名度が低い
   登録者数   100万人以上
※HPより
   案件数   2,420件
※ライティング(記事作成)・翻訳カテゴリーの検索結果
※2020年10月調べ
   おすすめ度   4.0

記事作成に特化!サグーワークス

サグーワークスの特徴は、記事作成に特化したクラウドソーシングサイトであることです

Webライターならぜひとも登録しておきたいサイトでしょう

さらに具体的な特徴というと、

・報酬は1pt=1円のポイント制※ポイントは現金に変えられる
・経験値により、レベルが上がる
・レベルが上がると、ボーナスポイントがもらえる
・ライターのレベルに応じて、案件のグレード制を採用

このように、他のクラウドサービスとは少し変わったシステムになっています

   メリット   記事作成に特化している
   デメリット   案件数が少ない
   登録者数   約27万人
※HPより
   案件数   215件
※現在募集中のお仕事数より
※2020年10月調べ
   おすすめ度   5.0

スキルの売り買いなら!ココナラ

ココナラは、500円からスキルを売り買いできるサービスとして有名です

出品されているスキルの具体例として、

・記事作成
・ツイッターのアイコン作成
・キャラクター作成
・プログラミングなどの相談
・webサイトの制作など

200種類以上のスキルがココナラで取引されており、スキルの出品者は、自由にスキルや価格を決められるメリットがあります

Webライターであれば、記事作成のスキルを出品することで、案件に提案する手間が省けることも
>>ココナラについて詳しくみる

   メリット   スキルであればなんでも可能
   デメリット   手数料が高い
   登録者数   170万人
※2019年12月
   累計取引件数  480万件
※2019年12月
   おすすめ度   3.0

【パターン別】クラウドソーシングの登録例

最後に、webライターのパターン別に登録すべきクラウドソーシングサイトをもう一度まとめました

Webライターデビューするなら
クラウドワークス
ランサーズ
Craudiaクラウディア

ライティングに特化したサイトなら
【サグーワークス】

自分からライティングスキルを売り込みたい
ココナラ