【今さら聞けない】Webライターが知るべきライティング用語10選!

Webライターが最低限知るべきライティング用語10選 webライター

Webライターが最低限知るべきライティング用語について知りたいなぁ…

Webライターを始めたばかりだと、

SEOってなに?

リライトってなに?

サチコってなに?

って、なりますよね。

実際、これらのワードを知らないのはヤバいです。

この記事では、Webライターを始めたばかりの人が最低限覚えるべきライティング用語を10コ紹介します。

ぜひこの機会に覚えて作業に活かしましょう!

  • 最低限のライティング用語が知りたい
  • Webライターなのに、用語を知らないのは恥ずかしいのでは?
  • ライバルと差をつけたい

Webライターなら知るべきライティング用語10選!

「webライターならどんなライティング用語を覚えるべきかな??」

「OK!まずはこれから紹介するワードを覚えておくといいよ!」

  • SEO
  • サチコ
  • ペルソナ
  • サジェストワード
  • メタディスクリプション
  • リライト
  • レギュレーション
  • オーガニック検索
  • ロングテールキーワード
  • ベネフィット

SEO

SEOとは、検索エンジン最適化(Search Engine Optimization)のことです。

検索エンジン最適化ってなんですか?ですが、

検索上位の記事になるように内容を工夫しましょう!

ってことです。

じゃあ、どうやって工夫するのか?

それは、

ユーザーの課題解決をする質の高い記事を書く

Googleが高い評価をする記事作成をする

この2つを意識しましょう。

また、SEO記事が書けると、Webライターとしても価値が一気に高まります。

サチコ

サチコとは、Google search console(グーグル・サーチ・コンソール)をさします。
 
残念ながら、女の子の名前ではありません。

サチコで何ができるの?って話ですが、

サイトのアクセス状況を分析できます

アクセス状況が分析できることで以下のようなメリットがあります。

  • ユーザーがどんなキーワードで検索しているかわかる
  • 記事のアクセス数がわかる
  • 広告のクリック率がわかる

Webライターはクライアントに記事を納品するだけですが、クライアント側の理解も必要です。

ペルソナ

ペルソナとは、リアルな人物像を設定することです。

例えば、

25歳で、会社員3年目の男性。
本業は不動産営業で、結果は同期でトップの成績。
都内の一等地に住み、趣味はダーツ。
本業はうまくいっているが、将来の企業に備えて準備している。
そのために、まずは副業でスキルを身につけたい。

このように、架空の人物設定を詳細にします。

これにより、誰にどんな記事を届けたいか明確になります。

サジェストキーワード

サジェストキーワードとは、検索窓にキーワードを入力したときに、自動的に検索キーワードの候補を提案してくれる機能です。

画像のように、Webライターと入力したら、いくつか自動でキーワードが出てくると思います。

じゃあなんでサジェストキーワードを知っておくべきなのか?ですが、

よく検索されているキーワードだから

ですね。

つまり、検索する人が多いほど、それについて悩んでいる人も多いわけです。

記事の内容に、サジェストキーワードも盛り込んでいくと、網羅的に記事が書けます。

メタディスクリプション

メタディスクリプションとは、記事のタイトル下にある記事の説明文を指します。

なぜ必要なのか?それは、

記事に興味を持ってもらい、クリックしてもらう確率が上がるから

です。

メタディスクリプションはあまりSEOには関係しないと言われますが、結局、

魅力的な記事だと思ってもらえれば、記事を読んでもらえる

ことにつながるわけです。

ユーザーが思わずクリックしたくなるような説明文を設定しましょう。

リライト

リライトとは、すでにある記事の情報を書き換えることです。

リライトする目的は、以下です。

  • 古くなった情報を更新
  • 検索上位に持っていく
  • 検索の上位記事の質をさらに高める

リライトは、記事の「質」を上げるために必須の作業になります。

Webライターであれば、リライト作業も依頼されるので、ぜひとも覚えておきたいワード。

レギュレーション

レギュレーションとは、記事作成のマニュアルのことです。

Webライターはクライアントから依頼された内容の記事を執筆し、納品します。

もしレギュレーションが何もない記事の依頼の場合、

どんな内容を書いたらいいの?

納品の基準がわからないので、適当に記事を出しちゃえ

クライアントにとっても記事の質がバラバラで対応に困る

こんな悩みが尽きません。

なので、記事を依頼する際は、一定のマニュアルがあります。
レギュレーションというワードは覚えておきましょう。

オーガニック検索

オーガニック検索とは、広告枠以外の検索結果をさします。

画像にあるように、例えば、
「Webライター ライティング用語」と検索したときに表示される検索結果ですね。

検索上位の記事であればあるほど、オーガニック検索からのアクセスも見込めます。

ロングテールキーワード

ロングテールキーワードとは、複数の検索キーワードからなると覚えておきましょう。

なぜなら、別名「ニッチキーワード」と呼ばれるからです。

反対に、ビックキーワードは、1語からなります。

ロングテールキーワード
「Webライター ライティング用語 おすすめ」

ビックキーワード
「Webライター」

ロングテールキーワードのメリットは、以下です。

  • 記事の興味が高いユーザーを誘導できる
  • 検索上位を狙いやすい
  • 検索意図にあった記事を書ける

ビッグキーワードで検索上位を狙うのはかなり難易度高めなので、まずはロングテールキーワードを狙うのがおすすめですね。

ベネフィット


ベネフィットとは、ユーザーが記事から得られる価値のことです。

ベネフィットは、マーケティング用語ですが、Webライターにも当てはまります。

ベネフィットには2種類あり、

  • 機能的価値
  • 情緒的価値

があります。

重要なのは、『悩んでいるユーザーの目線に立つこと』です。

ユーザー目線に立っていない記事は、価値が低いと言えるでしょう。

まとめ

Webライターが最低限覚えるべきライティング用語について10コ取り上げました。

あなたはどれぐらい知っていましたか?

全部わかった!っていう人は引き続きWebライターを頑張ってください。
もし、

まだちょっと不安な用語などがある..

って方は、この記事をもう一度読むor詳細を自分で調べるなどしてみましょう。

ただ、実践のなかで覚えた方がイメージできるので、まだ副業サイトに登録していないよ!って方は以下の記事も参考になります。