【もう迷わない】プログラミングスクールをポイント別に紹介

テックキャンプで挫折・失敗する人の7つの特徴とは?対策もあり

テックキャンプで挫折・失敗しやすい人の特徴!対策もあり

テックキャンプで挫折するのってどんな人なの?特徴を教えて

こんな疑問に答えます。

プログラミングで挫折させない環境がある「テックキャンプ」。

最高の環境がありますが、挫折する人も中にはいます。

どんな人がテックキャンプで挫折しやすいのでしょうか?

7つの特徴と対策をまとめたので、ぜひ最後まで読んでくださいね。

こんな人におすすめ
  • テックキャンプで挫折する人の特徴が知りたい
  • テックキャンプで挫折したくない
  • 挫折しそうなら意識するべきことを知りたい

テックキャンプでは受講開始14日以内であればどんな理由でも全額返金可能です。

Contents

そもそもテックキャンプは挫折させない環境がある

テックキャンプは、挫折させない環境づくりに徹底しています。

私と同じ時期にテックキャンプに通い始めた同期が30人ぐらいいました。

しかし、途中でリタイアした人は1割もいませんでしたね。

テックキャンプにはプログラミングで挫折しないどんな環境があるのでしょうか。

それは以下の2つです。

ポイント
  • メンターに質問し放題
  • アウトプット重視で楽しい

それぞれ解説します。

理由1:メンターに質問し放題

テックキャンプの挫折しない仕組み1つ目は、メンターに質問し放題な点です。

メリットは、

  1. エラーが出ても解決策がわかる
  2. メンターがエラーを解決する手順がわかる
  3. メンタルが保てる

プログラミングで挫折する人の多くは、

  • エラーが解決できない
  • どうやって調べればいいのかわからない
  • 時間だけが過ぎていく
  • そして、プログラミングに触れなくなる

テックキャンプのメンター質問し放題は、非常にいいサービスです。

理由2:アウトプット重視で楽しい

テックキャンプの挫折しない仕組み2つ目は、アウトプット重視で楽しいです。

インプットばかりだとだんだん飽きてきますよね。

テックキャンプのカリキュラムは、

  • サービスを作りながら学べる
  • ツイッターの簡易版やチャットアプリなど
  • ヒントを見ながら自分で実装する
  • つまづいたらメンターに相談

アウトプット重視なので、楽しさあり・学習の定着度アップです。

また、定期的に独自の確認テスト・中間テスト・本試験がありますよ!

テックキャンプで挫折・失敗する人の7つの特徴

テックキャンプが挫折しにくい環境であっても、挫折する人がゼロではありません。

テックキャンプで挫折・失敗しやすい人にはどんな特徴があるのでしょうか?

特徴は、以下の7つです。

ポイント
  1. 学習時間を確保しない
  2. 本気の覚悟がない
  3. 全体像をイメージして勉強できない
  4. 受動的で人任せにする
  5. 1つに集中できない
  6. 学んだことをアウトプットしない
  7. 1人で悩みすぎて質問できない

それぞれ解説します。

挫折①:学習時間を確保しない

テックキャンプで挫折する人の特徴1つ目は、学習時間を確保しないです。

メモ

3ヶ月の短期集中コース→週に55時間以上。
6ヶ月夜間休日コース→週に25時間以上勉強時間を確保すること!

テックキャンプのカリキュラムは、600時間勉強することを前提で作られています。

勉強時間をしっかり確保しなければ、期間内にこなせません。

挫折②:本気の覚悟がない

テックキャンプで挫折する人の2つ目の特徴は、本気の覚悟がないです。

テックキャンプに通う=未経験でエンジニア転職を目指すってこと。

生半可な気持ちでは続きません。本気の覚悟が必要です。

  • エンジニア転職して手に職をつける
  • フリーランスとして活躍したい
  • 人生を本気で変えたい

ぜひ、強い気持ちを持ってトライしてください。

ちなみに私は、人生を本気で変えたかったからですよ〜

挫折③:全体像をイメージして勉強できない

テックキャンプで挫折する人の3つ目の特徴は、全体像をイメージして勉強できないです。

全体像をイメージして勉強できなければ、

  • 重要ではない細部にこだわって時間の無駄
  • 大事なポイントをつかめていない

学習の効率も悪くなります。効率が悪くなれば、やる気も下がりますよね。

挫折しやすくなるので、全体像をイメージしながら勉強しましょう。

プログラミングは、カンニングOKです。全て細かく覚える必要はありません。

挫折④:受動的で人任せにする

テックキャンプで挫折する人の4つ目の特徴は、受動的で人任せにするです。

テックキャンプには挫折させない環境がありますが、最大限活用するのも自分次第。

  1. 受け身で言われたことだけやる
  2. できないのを人のせいにする
  3. 言い訳を作って勉強しない

これでは成長できませんし、お金がもったいないです。

能動的に勉強し、自分から必要な情報を集めましょう。

挫折⑤:1つに集中できない

テックキャンプで挫折する人の5つ目の特徴は、1つに集中できないです。

1つに集中できなければ、

  • カリキュラムが進まない
  • 気が散ってしまう
  • カリキュラムが進まないことにイライラ

どれも中途半端になり、後悔するのは自分です。

自己嫌悪になれば、挫折する原因にもなるでしょう。

挫折⑥:学んだことをアウトプットしない

テックキャンプで挫折する人の6つ目の特徴は、学んだことをアウトプットしないです。

アウトプットはとても大事で、

  • 疑問点が明確になる
  • 学習の定着度がアップする
  • できることが増えて楽しくなる

アウトプットをしない人は成長速度も遅くなります。

モチベーションも下がりやすいため、挫折する要因です。

挫折⑦:1人で悩みすぎて質問できない

テックキャンプで挫折する人の7つ目の特徴は、1人で悩みすぎて質問できないです。

これは、人の力を借りたくない!というプライドが邪魔してるんですかね。

自分で解決する気持ちは大事です。しかし、悩みすぎて前に進まないのは問題。

  • メンターの力を借りて、思考力を磨く
  • 相談すれば5分で解決する
  • 教えてもらったことを自分で調べて定着させる

他人の力を借りれば、視野が広がるし、勉強効率もアップします。

テックキャンプで挫折・失敗しないための対策

せっかくテックキャンプに通ったなら、挫折はしたくないですよね。

テックキャンプで挫折しないためには、以下の3つの考え方が大事です。

ポイント
  1. 学習を面でとらえる
  2. 学習に必要な環境を整える
  3. エンジニアになった将来をイメージする

解説します。

挫折しない対策①:学習を面でとらえる

テックキャンプで挫折しない対策1つ目は、学習を面でとらえるです。

言い換えれば、全体像をしっかりつかむことですね。

全体の流れがつかめていれば、内容も理解しやすいでしょう。

挫折しない対策②:学習に必要な環境を整える

テックキャンプで挫折しない2つ目の対策は、学習に必要な環境を整えるです。

たとえば、

  • 学習の妨げになるスマホやゲームを断つ
  • 参考書を買う
  • 時計などを買い、時間効率を意識する
  • 落ち着く匂いをまく

集中できる環境づくりで、学習を工夫しましょう。

挫折しない対策③:エンジニアになった将来をイメージする

テックキャンプで挫折しない3つ目の対策は、エンジニアになった将来をイメージするです。

テックキャンプは、就職もサポートしてくれます。

未経験からエンジニアになり、自分の夢を叶えるイメージをしましょう。

イメージが膨らむと、

  • 学習のモチベーションが上がる
  • 目標達成しやすくなる
  • 最短ルートを見つける努力ができる

夢のために頑張れる気持ちにより、挫折もしにくくなるでしょう。

テックキャンプで挫折しても安心!14日以内なら全額返金される

テックキャンプに通い、「なんか合わないなあ…すぐ辞めたい」って思う可能性だってあります。

そんな時は、返金も可能です。

どんな理由でも受講開始して14日以内であれば、全額返金の対象になりますよ!

メモ

受講開始14日以降でも全額返金は可能ですが、一定の条件を満たす必要があります。

テックキャンプで挫折・失敗しないためのまとめ

テックキャンプで挫折する人の特徴や、対策は分かりましたか?

簡単にこの記事をまとめますね。

まとめ
  1. 学習時間を確保しない
  2. 本気の覚悟がない
  3. 全体像をイメージして勉強できない
  4. 受動的で人任せにする
  5. 1つに集中できない
  6. 学んだことをアウトプットしない
  7. 1人で悩みすぎて質問できない
テックキャンプで挫折しないための対策
  • 学習を面でとらえる
  • 学習に必要な環境を整える
  • エンジニアになった将来をイメージする

この記事を書いた人

コメント

コメントする

CAPTCHA


Contents
閉じる