【スノボー初心者必見!】マイセットの初期費用と安くおさえるコツも紹介

【スノボー初心者必見!】スノボーの初期費用と安くおさえるコツも紹介 スノーボード

スノボーマイセットが欲しいけど、初期費用ってどれぐらいかかるんだろう…?

スノボーを始めたばかりだと、スノボーマイセットって憧れますよね

かっこいいデザインや自分のこだわりを出せるので、スノボーも楽しくなります

しかし、スノボーの道具って全部そろえたらとても高そうだし、なかなかマイセットを購入するのはためらいますよね

「結局いくら初期費用にかかるの?」と疑問に感じるでしょう

今回はスノボーマイセットの初期費用はいくらかかるのか、さらには初期費用をおさえるコツも紹介していきます

スノボーのマイセットを揃えたら、初期費用はいくらかかるの??

解決

スノボーマイセットを揃えると初期費用がいくらかかるのかわかり、安くおさえるコツも分かります

記事の全体像
  • スノボーの初期費用にいくらかかるのかわかります
  • スノボーをレンタルした場合とマイセットでどのくらい費用が違ってくるのかわかります
  • 初期費用をおさえるため、格安3点セットがおすすめかも
  • さらに初期費用をおさえるなら、バーゲンセールもおすすめ

それでは具体的にみていきましょう

スノボーマイセットで最低限そろえるべき道具と相場価格

スノボーマイセットで最低限揃えるべきモノと相場価格

前提としてスノボーマイセットで最低限そろえておきたいものをリストアップしました

今回のテーマが”初期費用“なので、相場価格も記載しています

ヘルメット¥5,000-¥50,000
ゴーグル¥5,000-¥30,000
スノボウェア¥7,000-¥30,000
グローブ¥3,000-¥10,000
ボード¥15,000-¥100,000
ブーツ¥15,000-¥40,000
ビンディング¥5,000-¥50,000

結論ですが、スノボーマイセットをそろえるなら初期費用は6万円〜が目安です

ここでのスノボーマイセットとは、上記のアイテム(ヘルメット〜ビンディングまで)の一番安い商品でそろえた場合になります

スノボーには、上記以外にもネックウォーマーやリフト券入れなどの小物アイテムも必要です

補足情報として、以下の記事も参考になるのでチェックしてみてくださいね

まあスノボーはお金かかりますが、マイセットがあるかないかでモチベーション全然ちがいます

レンタルとマイセットの料金比較

レンタルとマイセットの料金比較

先ほど、自分で道具をそろえた場合の初期費用の目安を説明しました

しかし、「いきなり道具をそろえるのは高すぎて手が出せない

これがスノボー初心者の本音ですよね

そこで、スノボーをレンタルした場合にかかる費用をこれから比較していきます

レンタルはスキー場でレンタルする場合と、バスツアーのプラン内でレンタルする場合でレンタル料金は異なってきます

スノボーをレンタルするのっていくらかかるの??

そうねぇ〜。

スキー場で借りるのとバスツアーのプラン内でレンタルする場合で料金は異なってくるよ

そうなんだね。

どれぐらい料金は違ってくるの??

あくまで参考だけど、スキー場でレンタルした場合は、だいたいボードセットで約4000円、ウェアもレンタルすれば、約6000円かかるよ。

一方でバスツアーの場合は、約500円〜3000円かかるよ

そうなんだー!

以外にレンタルも料金かかるんだね。

以下の記事後半でレンタル料金の相場について詳しくまとめてあるので、合わせてチェックして見てください

結論、スキー場とバスツアーどちらでレンタルした方が安いのかは、バスツアーの方が安いです

レンタル代だけで比較すれば、約50%〜70%安くなります

それでも、マイセットの初期費用は6万円〜なので、スノボーを10回以上するならマイセットの方が実はお得なんですよね

「スノボーは一回だけで十分!」という人はレンタルでもいいですが、スノボー1回きりはもったいないですよ?

格安ボードセットなら初期費用がおさえられる

格安ボードセットなら初期費用がおさえられる

とにかくスノボーマイセットが欲しいけれど、6万円よりもさらに安くおさえたい

きっとあなたはこう思ったはずです

スノボーマイセットをそろえるなら初期費用は6万円前後になりますが、さらに安くおさえる方法があります

その方法とは、ボード・ブーツ・ビンディングの3点セットにすることで、5000円〜1万円も初期費用をおさえることです

メリット①:とにかく安い

3点セットは、駆け出しライダーにとって圧倒的にコスパが良いです

仮にブランドで3点セットをそろえた場合、14万前後しますが、一方で格安3点セットの場合は、4万円前後で購入できます

初期費用が10万ほど違ってくるので、「まずはお試しでもいいからとにかくマイセットが欲しい」という場合におすすめです

メリット②:一度でスノボーに必要なアイテムがそろう

「とにかく安くマイセットをそろえたい」と思っても、スノボーの道具には相性があります

ブランドものになるとグリップの良さ板の柔らかさなど専門的な内容にもなり、どのアイテムを買えばいいのか迷ってしまいますよね

しかし3点セットであれば、ボード・ブーツ・ビンディングの相性はもちろんのこと、初心者向けの扱いやすい道具ばかりなので難しい知識もいらず安心です

初期費用がおさえられるだけでなく、一つ一つ選ぶ手間もないメリットがあります

以下が格安のスノボー3点セットです

ありがたいことに、ボード・ブーツ・ビンディングだけでなく、ボードケースまでついたお得なセットもあります

デメリット①:性能は低い

格安ボード3点セットは初期費用はおさえられますが、ブランドボードと比べて性能は劣ります

どうしても性能が低くなってしまうのは当然と言えば当然のこと

1000円のランニングシューズに比べて、1.5万するランニングシューズのほうが性能って良さそうですよね

走っているときのクッション性や通気性・伸縮性など差が出てきます

スノーボードにも同じことが言えるので、「滑りにこだわりたい!」となれば、有名ブランドのボードには勝てません

デメリット②:デザインは期待できない

格安3点セットは、ブランドものに比べてデザインは期待できません

まぁ高いからデザインがいいってわけでもありませんが、有名ブランドのボードやブーツの方が種類も豊富ですし、スタイリッシュ!

デザインは好みがあるので、そこまで言及しません

初期費用をとにかく安くおさえるならバーゲンセール

初期費用をとにかく安くおさえるならバーゲンセール

ブランドの道具を安く買いたい

ブランドのボードやブーツはやっぱりカッコ良くて憧れますよね

そんな時におすすめな方法が、バーゲンセールです

開催時期は11月ごろで、幕張メッセなどの大規模会場で行います

新作はもちろんのこと、型落ちモデルもあるので、

「とにかく安くて質のいい商品が欲しい!」と思ったあなたにぴったり

スノ天冬スポなどのサイトからイベント情報がわかるので、チェックしてみてはいかがでしょうか

どこでバーゲンセールがあるの?

バーゲンセールってどこでやってるか気になりますよね

そこでバーゲンセールをやっている大規模施設をまとめてみました

・幕張メッセ
・TOC五反田メッセ
・さいたまスーパーアリーナ
・東京ドームシティ
・ナゴヤドーム
・京セラドーム など

バーゲンセールのお得キャンペーン

バーゲンセールにはお得キャンペーンがあり、ここでは3つあげます

  • リフトがタダで手に入るかも?
  • タイムセール
  • 先着限定キャンペーン

リフト券がタダで手に入ることもある

対象商品を購入すれば、レシートとリフト券を交換できることも

お得なキャンペーンも開催しており、3万円以上購入した場合などにリフト券プレゼントといぅた特典もあります

じゃんけんやゲーム大会に挑戦するとリフト券をゲットできるチェックしてみてくださいね

タイムセールがある

突然会場内に響き渡るタイムセールには、スノボーのアイテムが超破壊的な価格で買えちゃうかもしれません

バーゲンセール特有の雰囲気や豊富な商品も楽しめます

先着限定企画がある

過去には先着10明様限定でボード・ビンディングセットが1900円(税別)で売られていたことも…

当日の会場によって商品が異なりますが、バーゲンセールに行かないとゲットできない特典が満載です

まとめ
  • 初期費用は6万円〜そろえられる
  • 初期費用をおさえるならボード・ビンディング・ブーツ3点セットがおすすめ
  • さらに初期費用をおさえるならバーゲンセールも活用するといい