【1日300円】比較あり!ラインスノボ保険はとにかくお手軽です

ラインスノボ保険 スノーボード

お手軽で安いスノボーの保険ってないかな??

スノボーってリスクが多いことはわかっていても、面倒でついつい保険に入るのをためらったりしてしまいますよね

スノボーをしていれば、人にぶつかって怪我をさせてしまう・派手に転んで骨折した・事故に巻き込まれたなど万が一のリスクに備える必要があります

保険に加入していなければ、全て自費となってしまいます

そこで今回は、面倒な手間がなく、格安でスノボー保険に入れる保険の紹介です

1日から入れる手軽で安いスノボー保険を探している

解決

ラインスノボー保険なら、安く簡単に1日スノボー保険に加入できる

この記事では、ラインスノボ保険について他のスノボー保険と比較しながらラインスノボ保険の手軽さ安さを解説しています

全体の流れ
  • ラインスノボ保険の補償内容について
  • ラインスノボ保険と他のサービスの比較表を作っています
  • ラインスノボ保険のメリット・デメリットを簡単に解説しています

1日300円で手軽なラインスノボ保険に加入して、スノボーで起こりうる万が一のリスクに備えましょう

スノボーで起こりうるリスク

スノボーの起こりうるリスク

スノボーは楽しい反面、危険もいっぱいです

スノボーで起こりうるリスクは以下があります

  • スキー場に行くまでの車の事故
  • 滑っていた時に相手を怪我させてしまった
  • コース外を滑って遭難
  • 雪崩に巻き込まれる
  • 転んで骨折し、入院することになった

小さなリスクから、命に関わる大きなリスクまであります

何が起こるか分からないので、リスクに備えて保険に入りましょう

ラインスノボ保険の補償内容

ラインスノボ保険の補償内容

ラインスノボ保険は、どんなスノボーのリスクをカバーしているのでしょうか

ラインスノボ保険の補償内容は以下です

ラインスノボ保険の補償内容

  • 入院補償
  • 死亡補償・後遺症障害
  • 自身のスノボーグッズが盗まれた(携行品損害)
  • 救援者の費用補償

スキー場のレンタル品は、携行品補償対象外です

ラインスノボ保険を他のサービスと比較

ラインスノボ保険と他のサービスと比較

ラインスノボ保険と他のスノボー保険の比較表

ラインスノボ保険エポスカード
※お手軽セット
セブンイレブン
※ベーシックプラン
1日の保険料300円430円500円
携行品損害5万円10万記載なし
入院日額2000円500円7.5万円※入院一時金
個人賠償1億円1億円3億円
死亡・
後遺症障害
160万円100万円200万円
手軽さ✖️

ラインスノボ保険は、1日の保険料が安いし、手軽なことも人気の理由です

安いだけでなく、他のサービスと比べても補償内容に大差ありません

ラインスノボ保険のメリット

ラインスノボ保険のメリット

ラインスノボ保険のメリットを3つ紹介します

ラインスノボ保険のメリットは、

  • 手軽に加入でき、
  • 1日300円という安さで
  • リピートが多い

これらをみていきましょう

手軽に保険に入れる

ラインスノボ保険は”簡単で手軽に“入れます

下記の画像は、自動車保険の一例ですが同じようにスノボ保険も加入できます

操作も簡単で6ステップだけだし、保険の加入は1分で終わるよ

すごーい!簡単だね

決済もLINE Payで完了するから、保険に加入する手間がぐんと低いんだよ!

スノボー始めたばかりだし、保険に簡単に加入できるならラインスノボ保険に入った方がいいね!

一日300円という安さ

ラインスノボ保険は、登録が手軽なだけでなく、1日300円で保険に加入できます

300円は、他のサービスと比べても格安です

格安なだけでなく、補償内容も充実しています

リピートも多い

ラインスノボ保険は、手軽で安いことから、リピーターも多いです

1日300円なのも人気の理由でしょう

ラインスノボ保険のデメリット

ラインスノボ保険のデメリット

ラインスノボ保険のデメリットを紹介します

デメリットは以下です

スキー場のレンタル品は保険対象外

ラインスノボ保険のデメリットとして、スキー場のレンタル品は保険の対象外であることが挙げられます

レンタル品にも保険をかけたい場合は、三井住友カード会員限定のポケット保険などの保険に加入するといいそうです

参考ページ:個人賠償責任比較

まとめ
  • ラインスノボ保険の加入は、1分で簡単
  • 1日300円で補償内容も充実
  • スキー場のレンタル品は補償対象外