【もう迷わない】プログラミングスクールをポイント別に紹介

【実体験】新卒1年未満で会社を辞め、フリーターになった話

新卒1年未満で会社を辞め、フリーターになった話

新卒1年未満で会社を辞めて、フリーターになった人生に興味ありませんか?

もし興味が1ミリもない!って人は、ブラウザを閉じちゃってください。

ただ、

  • 新卒1年未満で会社を辞めるってぶっちゃけどうなん?
  • フリーターになったら、何が大変だった?
  • 逆に会社を辞め、フリーターであることの良さ

ちょっとでも「はうん!?」ってなった人は、最後まで記事を読み進めてくれると嬉しいです。

Contents

【実体験】新卒1年未満で会社を辞め、フリーターになった

【実体験】新卒1年未満で会社を辞め、フリーターになった

私は新卒で入社した会社を10ヶ月で辞め、その後フリーターになりました。

この章では、以下の3つを中心に会話形式で書いていきますね。

ポイント
  • なぜ新卒で入社した会社を1年未満で辞めたのか?
  • 会社を辞めてフリーターになった時にどう感じたのか?
  • 会社を辞めてから、今までどんなことをしてきたのか?

〜なぜ新卒で入社した会社を1年未満で辞めたのか?〜

「せっかく新卒で入社した会社をなんで1年未満で辞めてしまったの?」

「そうだねぇ…一番の理由は、上司とうまくいかず、メンタル的にだいぶ消耗したからだね。正直に言うと、うつ傾向になってたんだ。」

「そっかぁ…。もう頑張れないなって思ったの?」

「そうだね。何をやるのも無気力状態だし、人と会いたくないしみたいな笑」

「メンタル的にもやられてたから、転職活動して、次の会社ってわけにもいかなかったんだね。」

「そう。そしたら、フリーターになってた!」

〜会社を辞めてフリーターになった時にどう感じたのか?〜

「会社を辞めてフリーターになった時、ぶっちゃけどのように感じた?」

「感情は2つあったね。1つは、やっと会社を辞められて、解放された。俺は自由になった!2つ目は、人生のレールから外れてしまったと言う情けなさかな。」

「そうなんだね。どっちもなんとなく理解できるな〜。ちなみに、人生のレールから外れてしまった情けなさって具体的にどういうこと?」

「うーんとね、日本人の”普通”の感覚なら、新卒で入った会社で頑張って、結果をだし、なんだかんだ出世して、部下を持って、結婚して、家族できて…みたいな感じじゃん?」

「うん。うん。」

「それが、1年未満で辞めたから、自分は世間から哀れみの目で見られているんじゃないか?あいつは頑張れなかったやつって周りから思われているんじゃないか?って考えてたら、自分が社会から取り残されているような感覚になり、情けなくなったって話よ。」

「なるほどね〜。」

〜会社を辞めてから、今までどんなことをしてきたのか?〜

「新卒で入社した会社を1年未満で辞めたことや、フリーターになった時の感情がわかったけど、会社を辞めてから今まで何してたん?」

「そうねぇ〜。そろそろ会社を辞めて、フリーターになってから1年が経過するけど、webライター・ブログ・プログラミングの3軸を頑張ってきたよ!」

「へ〜。それぞれどれぐらい頑張ってきたのよ?」

「まずは、webライターからだけど、会社を辞めてすぐやり始めて、3ヶ月で155記事書いたね。それからは、webライターの経験を生かして、すぐにブログにシフトしたよ。」

「そうなんだね。そしたら、ブログについて、さくっと話してもらおうか?」

「OK!ブログは、2020年の6月に開設し、1年で100記事以上、収益も月2000円ぐらいにまでなったよ。」

「おお!順調だね。」

「だね!ブログにはかなり時間を使っていて、7ヶ月でだいたい500時間は作業してるかな?」

「1日2.5時間作業している計算だね。そしたら、プログラミングはどうなの?」

「実は、ブログよりも力を入れているのがプログラミングなんだ。仕事をやめてフリーターになってすぐに、高いお金を払ってスクールに通ったし、独学でも勉強してた。」

「どれぐらい勉強したの?」

「だいたい9ヶ月で900時間ぐらいだね。1日あたりの勉強時間は、3時間ちょっとかな?」

「じゃあ、webライター・ブログ・プログラミング全部合わせると、1日あたり5〜6時間ぐらい作業していることになるんだね。」

「…そうなるね。自分でもびっくりしてる笑」

まとめると、新卒1年未満で会社を辞めてフリーターになったけど自由の身になったし何よりも自分のスキルを伸ばす努力をしてきました。

フリーターでも、充実しています。

新卒1年未満で会社を辞めて、何が大変だった?

新卒1年未満で会社を辞めて、何が大変だった?

新卒1年未満で会社を辞めて、フリーターになると、どんなことが大変だったのかわかりますか?

私が体験して苦労したことは、以下の3つです。

ポイント
  • 収入が大幅に下がった
  • 税金や毎月の出費
  • 現実を受け入れること

収入が大幅に下がった

一番大変だったことは、お金です。

フリーターになって大幅に収入がダウンしました。まあそりゃそうですよね。

会社員の時は、手取りで月収:18万→フリーターだと、月収:10万。

週に3〜4日働き、あとは全てスキルを磨くための勉強時間に当てていたので、このぐらいの稼ぎでしたね。

フリーターになった時の稼ぎ方は、

  • 倉庫やピッキングを扱っている派遣会社に登録
  • ガッツリ肉体労働
  • スキマ時間にwebライターで記事を書く

こんな感じ。日雇いの派遣では、

  • 小学校の移転作業
  • 防火扉の組み立て
  • ユニクロのピッキング
  • 教科書の積み
  • 書類のピッキング
  • コンテナの積荷作業
  • チョコレート工場の出荷作業

まだまだありますが、様々なことを経験してきました。

幸いなことに、フリーターになってからは、親も心配していたため、一人暮らし→実家暮らしに。そのおかげで、最低限の生活費を稼ぐだけで済みました。親には本当に感謝しかないです。

税金や毎月の固定出費

次に大変だったことは、税金や毎月の固定出費でした。

フリーターになっても、出て行くお金はかなりありましたね。

ちなみに私の状況はこんな感じでした。

収入:10万
出費:合計約12.5万

出費の内訳
  • 国民年金 約1.5万
  • 国保 約1.5万
  • 奨学金 約1.5万
  • 通信費 約9000円
  • ローンやリボ払い 約3万
  • プログラミングスクール代 約4万

「おいおい、出費の方が上回ってるじゃねーかよ。」ってなりますよね?そうなんです。だから、税金や奨学金など、一時的に支払いをストップできるものはストップしました。

なんとか出費を9万にし、首の皮一枚つながっている状況ですね。

現実を受け入れること

最後に大変だったことは、現実を受け入れることでした。

会社員を辞め、晴々しい気持ちになりましたがまさか自分がフリーターになるなんて…という劣等感は捨てきれません。

本来であれば、今頃バリバリ働いているはずだったのにな…と考える時もあります。また、大学の同期と自分を比較し、情けなくなる気持ちもあります。

現実を受け入れることは簡単なことではありませんが、こうなったのも自分の人生。こうして1年間のチャージ期間をもらっているので、しっかりと現実に向き合って生きていきます。

新卒1年未満で辞めて、逆に良かったこと

新卒1年未満で辞めて、逆に良かったこと

先ほど、新卒1年未満で会社を辞め、フリーターでの大変だったことを挙げました。ここからは、逆に”フリーターになってよかったこと”を書いていきますね。

フリーターになってよかったことは、以下の3つです。

よかったこと
  • 人生の幅が増えた
  • ストレスが激減した
  • 相手をより理解するようになった

それぞれみていきます。

人生の幅が増えた

新卒1年未満で会社を辞め、フリーターになって良かったことの1つ目は、人生の幅が増えたことです。

フリーターになったことで、自分の時間がかなり増え、トライすることも多くなりました。

例えば、

  • webライター
  • ブログ
  • プログラミング
  • 副業
  • もっと家族と会話
  • 相手の気持ちを考え、共感する

スキル面でも磨けたし、人間的にも成長できました。

ストレスが激減した

2つ目に良かったことは、会社を辞めたことで人間関係に悩む必要もなくなり、ストレスが激減したことです。

私は、かなり気を使ってしまう性格なため職場の人間関係が何よりのストレスでした。

ですが、もう上司と関わる必要もないし、フリーになったことで一切の人間関係によるストレスは無くなりました。

逆に人と関わることは無くなりましたが、こっちの方が性に合ってるので気楽すぎて最高です。

相手をより理解するようになった

3つ目に良かったことは、相手をより理解するようになったことです。

以前の私であれば、「話を聞いているようで聞いてない」ことも多かったですね。

これではいけない。この癖を治さなければなぁ

と思い、相手が何を考えているのか考える習慣をつけました。

常に意識することで「相手をより理解しよう」という気持ちになり、理解できつつあると感じています。

【おまけ】新卒1年未満で会社を辞め、フリーターになったときに誓ったこと

【おまけ】新卒1年未満で会社を辞め、フリーターになったときに誓ったこと

ここからは、新卒1年未満で会社を辞めてフリーターになった後すぐに私が掲げた決まりごとの紹介です。

それは以下の8つです。

  • ささいなことも相談する
  • 理解に徹する
  • カッコつけない
  • 自然体でいる
  • 周りの状況をよく観察する
  • うまく力を抜く
  • すぐに結果を求めない
  • 仮説を立てる

1つ1つ紹介するのは割愛しますが、今でもこの時に誓ったことは、ホワイトボードに残っています。

そのため、時々見返し初心に戻っていますね。

実は、この時に誓ったことの多くは、会社を辞めてすぐに購入した「7つの習慣」を参考にしています。

7つの習慣は、

  • 全世界で4000万部以上の売り上げ
  • ビシネスやっている人なら読んでおきたいベストセラー
  • 人格主義の回復について学べ、人生の哲学書
  • 600ページ以上に及ぶ圧倒的ボリューム

今でも枕元に置いて、時々読み返しています。ぜひあなたも「7つの習慣」を手に取って読んでみてください。

素晴らしい経験をさせてくれてありがとう

素晴らしい経験をさせてくれてありがとう

最後にこの記事のまとめをして終わりにします。

この記事では、新卒1年未満で会社を辞め、フリーターになった話や、フリーターになった後の話を簡単にしてきました。

会社を辞めた理由としては、上司と合わずにうつ傾向になったから。そして、フリーターになった後は、webライターやブログ、プログラミングをやってきました。

大変だったこともあるけど、逆に良かったことが多かったです。

7つの習慣は、今まで読んだ本でトップクラスの良書だったので、ぜひあなたにも読んでほしいです。

この記事を書いた人

コメント

コメントする

CAPTCHA


Contents
閉じる