マルチタスクを回避するたった1つの対策【紙とペンだけで十分】

「あれもこれもやらなきゃ」をなくすたった1つの方法【紙とペンで十分】 フリーテーマ

毎日あれもこれもやらなきゃいけないことに追われているなぁ…

「あれもこれもやらなきゃいけない」ことが多いと、精神的なプレッシャーが大きいですよね

毎日やるべきことに追われ、自分が本当にやりたいことができない」そんな声も多いです

「あれもこれもやらなきゃ」いけない状況は、マルチタスクと呼ばれます

実は、マルチタスクにより、パフォーマンスが最大で40%も下がることがわかっています

それほどマルチタスクにはリスクがあるので、今すぐ「あれもこれもやらなきゃ」をなくす必要があります

この記事では、「あれもこれもやらなきゃ」をなくすたった1つの方法マルチタスクのリスクについて紹介しています

  • あれもこれもやらなきゃいけない状況をなくしたい
  • 時間に余裕を持ちたい
  • やるべきことを明確にしたい
解決

紙とペンを使い、最優先を優先しましょう

記事の全体像
  • マルチタスクのリスクについて
  • マルチタスクをなくす方法
  • タスクを捨てる勇気も必要
  • シングルタスクのおすすめの本を紹介

それでは具体的にみていきましょう

結論

マルチタスクを避けるたった一つの方法の結論は、ずばり”最優先を優先する“です

これを念頭に以下の記事の内容を確認しましょう

「あれもこれもやらなきゃ」の状況にハマると…

「あれもこれもやらなきゃ」の状況にハマると…

あれもこれもやらなきゃ!と思っていると、以下のようなデメリットがあります

  • 目の前のことに集中できず、最大限のパフォーマンスを出せない
  • 自分のやりたいことができない
  • 常にタスクに追われ、気持ちが落ち着かない

あれもこれもやらなくちゃ!」と考えていると、目の前の作業に集中できないですよね

目の前の作業に集中できずにタスクをこなした場合、あとでミスが発覚し、そのミスに対応しなければならなくなる…

「あれもこれもやらなきゃいけない状況」である“マルチタスク”には、パフォーマンスを下げる研究結果があります

「あれもこれもやらなきゃ」がもたらすリスク

「あれもこれもやらなきゃ」がもたらすリスク

マルチタスクには、以下のようなリスクがあります

  • 最大パフォーマンス40%低下
  • IQポイントが最大15ポイント低下→8歳児と同レベル
  • 集中力を取り戻すのに約15分かかる

マルチタスクは脳に負担を与え、記憶力や集中力に大きな悪影響を与えてしまいます

「あれもこれもやらなきゃ」がなくなると…

「あれもこれもやらなきゃ」がなくなると…

マルチタスクがなくなれば、以下のようなメリットがあります

  • 目の前のやるべきことに集中できる
  • 自分のやりたいことができる
  • 気持ちに余裕ができる

マルチタスクをなくすだけで目の前の作業に集中でき、パフォーマンスを向上できます

最優先を優先するために紙とペンを使う

最優先を優先するために紙とペンを使う

マルチタスクをなくし、最優先を優先させるために紙とペンを使います

方法は簡単です

紙を4つのエリアに分けるだけです

タスク管理マトリックス

最優先なものは、”緊急で重要なエリア”です

ここで最も重要なポイントは、マルチタスクが起こりそうなら最優先を優先することです

なぜなら、”緊急で重要なエリア”でもマルチタスクが発生するからです

最優先ではないタスクを同時並行するからマルチタスクが発生してしまいます

最優先と最優先ではないタスクを切り分ける考えが大事です

繰り返しですが、「最優先を優先し、目の前のタスク1つに集中すること」が重要です

やらない勇気も必要

やらない勇気も必要

マルチタスクをなくすためには、そもそもマルチタスクが発生しないようにタスクをなくすことです

そのためには、緊急/重要でない、緊急ではない/重要ではないタスクを捨てる勇気が必要です

このタスクって本当に今やるべきことなのか?」を考え、タスクをコントロールしましょう

もし捨てる覚悟がないなら、捨てる勇気が身につくまで訓練しましょう

この場合、③と④のタスクを極限まで捨てることで、最優先すべき①と②のタスクだけに集中することができます

マルチタスクを避けるおすすめの本

まとめ
  • マルチタスクを避けるために最優先を優先する
  • 紙とペンで最優先事項を可視化する
  • マルチタスクは、パフォーマンスやIQ、集中力を低下させる